△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP

月ごとにアルバムを表示します。
・下のセレクトボックスより月を選択し、アルバムをみるを押してください。
・アルバムでの編集/削除はできません。

10/29/2019 火曜日
うわぁぁ〜〜もう11月になるんですかぁぁ〜〜。
ちょっと時間がピュンピュン進み過ぎじゃありませんか?
マジですか?驚愕!

やたらに人懐っこく寂しがるウルルちゃんですが。

猫は寂しくなんかない!
正しい猫は一人が大好き!一人でもへっちゃら!
だって猫なのだから!(猫に向かって何を言ってるんだ、この私)

と、言い聞かせましたら、いきなり「猫」になりました。

寝室で一人で寝ているウルルに。
「いきなりニヒルになったら、私が寂しいじゃ〜〜ん」と、猫いじりに行く私。

言ってるコトとやってるコトが違うぞ私!

猫は気まぐれ。猫はツンデレ。

猫も撫でてもらいたくなれば甘えに来るし。
人も猫をいじりたくなったらいじる。時には噛まれ、ひっかかれようとも!

ウルル、うちにきて3日間は母親探しの子猫鳴きをしましたが、
それをやらなくなりました。



10/28/2019 月曜日
アタタタタ。全身筋肉痛・・・・。
午前中に洗濯をして、お昼入浴。

昨日は発表会終了後、見に来てくれた友人と居酒屋で打ち上げをして、風呂に入らずに爆睡しました。

顔のメイク落としはしても。
首・背中・腕のファンデーションはつけたままでした。
髪もスプレーとジェルでガッチガチ!

三毛子猫のウルルも私の入浴に付き合って風呂板の上にいます。

(あ、この子、もうすっかりうちの子だ)
うんこちゃん、ドロちゃん、いもこ、モル。私と暮らした猫達はみんな風呂板の上に乗って、私のお風呂タイムに付き合いました。

つーか、うちの猫達、お風呂場大好き。

モルは金槌のクセにお風呂場に来る猫でした。
目を見開いてブクブクと沈んでいくモルの姿は忘れられない。

巻しっぽのモルも晩年(あ、寂しい言葉だわ)は、「しっぽだけ入浴」を楽しめる猫になっていました。
巻いてたしっぽの緊張がとれて、中途半端な長さの尻尾になっていました。

猫のしっぽ湯。人間で言うなら足湯かな。

ウルルの尻尾は長いです。
この子もきっとしっぽ湯を始めるに違いない。

夕方、すーさんがウルルを見に来ました。
「ああー遊んでくれるーこの猫、私と遊んでくれますぅーー」

すーさん、野良保護猫がいるシェアハウスでの猫体験と猫カフェ体験しかないので、猫知識が何かどこか偏っています。

「良かったね、すーさん。好きなだけ抱っこしたり撫でたりしな」。

夜はすーさんと区立体育館に行きました。
筋肉痛をほぐすつもりが、こじらせた。わははーん。

10/27/2019 日曜日
・・・・ほとんど寝ないまま、8時出発。

9時過ぎ・練馬文化センター大ホール楽屋控え室

長い1日が始まりました。

お昼から始まるリハーサルまでに、控え室ではみんなが髪の毛のお団子を作り合ったり、顔の地塗りをやったり、ボディファンデーションを塗り合ったりします。
これが結構、時間がかかる。ダンス経験のある方ならご存知だと思いますが、みんなレオタードやボディファン姿で控え室は半裸でわちゃわちゃしています。

バレエメイクに関して、大人は自力でできるとこまでやっておく。
仕上げはメイク係さんにやってもらう。

メイク係さんは、余所のバレエ教室の先生、アシスタント先生、バレエメイクができる人が6人出動!
とはいえ、80人近い生徒のメイクをやるのですから超大変!

私は足の調子が悪くて、いつも履いているトウシューズと違うモノを履いてリハーサルしました。

(あ、こっちのトウシューズのほうが足はラクだけど、引き上げができないな・・・)と思いましたが、まぁまぁ踊れたので一安心。

そして夕方6時半・本番。

舞台ソデで出番を待っているとき、Mちゃんが腕飾りをつけていないコトが判明!出番は今、踊ってる人のあいさつを入れて30秒後!
Mちゃん、Nさんが同時に控え室に向かって走り出しました!
(うわぁ〜間に合うのか〜???)
20秒で戻ってきましたーーーー。
「私、元陸上部ですから」どひーーー。

おかげで、本番前にアガってドキドキするヒマはありませんでした。
(違う意味でドキドキしまくったよー)

そして私は・・・・・・・・リハーサルで成功して、本番で失敗。踊りを忘れて、出遅れた・・・・。ぎゃぁぁぁぁぁ〜〜〜〜やっちまったぁぁぁぁ〜〜。

どよぉ〜〜ん。どろどろ〜〜ん。ばかばかばかー本番は1度きりなのにぃぃぃ〜〜〜うわぁ〜〜ん。(ちょびっと泣いた)

(モトコ、わかったよね。これが今の偽りない実力なんだよ・・・さぁ失敗は忘れで前を向いて、次に向かって頑張ろう)と言う私と。

(いつまで頑張ってりゃいいんですか?)と言う私がいました。

(それは死ぬまでに決まってんだろうが!バレエだけじゃなく、生きるってのは死ぬまでは終わらないのだから)と、天から声が聞こえた気がしました。

自分の踊りはさておき。

発表会はやっぱり楽しいです。みんなが助け合い支え合います。
「人間って素敵ね。みんなが力を合わせるって凄いね。」と思える経験は宝物だと思います。

10/26/2019 土曜日
お昼・接骨院。
自費診療で75分の全身マッサージを受けました。
帰宅して、入浴。

・・・・・・泣いても笑っても明日、本番。

たくさん練習してきたじゃん!
ここまで来たらもう自分が楽しむ以外ないのだから。

何のためにやってんの?
楽しむためでしょ!

自己暗示モード発動! 「バレエは楽しい嬉しい面白い!楽しい嬉しい面白い・・・・・・・」

ああっ興奮して眠れないッ!(コドモか?)

10/25/2019 金曜日
大雨。
お昼・バレエレッスン。
金曜パ・ド・ドゥチームの最後のリハーサルを見学。

「シンデレラ」のワルツ。プロコフィエフの曲って音をとりにく〜〜い。
この曲でこの踊り!3人とも本当によく頑張りました。
練習時間が短かったのに、よくここまで仕上げてキターーー。

感涙。

この3人のうち2人はパキータチームでもあり、私を入れて7人。

私は今回、パキータ1曲のみ参加。
1曲の人もいれば2曲のひともいる。(3曲の人も)

バレエに対する熱い気持ちは同じでも。
環境や価値観や性格でモチベーションまで揃えるコトはできません。

バレエ道一直線に邁進・暴走する人。
ついていけなくて落ち込む人。

結局「発表会」という名の「不安」との闘いなんですが。
人間、不安になると情緒も不安定になります。

不安定な人間が集まれば、当然「おかしな人間関係」になり、
あちこちで揉め始める・・・・・・きゃー!

自分で言うのもなんですが、今回私は(裏で火消しに走ってました)。

あちこちでボヤ騒ぎ。

私のせいでボヤから大火事になりかけたりもして。

改めて「人間関係」と「コミュニケーション」を学びました。

12年同じバレエスタジオにいて、お互いの距離が縮んで近くなったからこそ起きる、「人間関係」なのだろうと思いました。

距離があれば、ぶしつけに感情をぶつけあう事もないのですから。

「雨降って地固まる」

雨の駅のホームでそんなコトを考えていました。


10/24/2019 木曜日
夕方、接骨院。
そのままバレエレッスン。

いよいよ今日が「パキータ(アントレ)」の最終リハーサル。
いつもは鏡を前にして踊っていますが、今日は鏡を後ろにして踊ったら・・・・・。

覚えていると思っていただけで、今までカンニングしていたコトが判明しました。

「モコちゃん、脚、ちっがーう!モコちゃん、どっち向いてるの?モコちゃん!コラーモコ!モトコ〜〜〜」

大先生に叫ばれまくりました・・・・・。頭ン中真っ白!

11時過ぎ帰宅すると、おしゃべりな子猫うるるちゃんに。
(アンタ!今までどこにいたのよー!なんでアタチを一人にしてたのよー!寂しかったわよー!腹立つわー)

と、プンスカ小言を言いまくられ、囓られまくり・・・・。
それは私が入浴していても続きました。

我が家の猫は何故、みんな水を恐れずお風呂場にやって来るのだろう?

風呂板の上に乗ってウニャウニャと小言を言い続ける、うるさいうるる。

ああ、風呂板の上に猫がいて、一緒にお風呂場にいる幸せを感じながらも「ウニャウニャと、アンタうるさいよッ!何言ってんのか、わかんねーよ!うるさいなーもう!」と言うと・・・・・・・・ガブガブと囓られます。

人間の声の調子で、(自分のコト言われてる。そしてそれは良い言葉ではないらしい。)とわかるんですかね?。

1時間半にわたり小言を言ったらスッキリしたのか?
いきなり、普通の猫っぽくなって、2階仕事場の椅子の上で丸くなって寝ていました。

へたに触ると、また小言を言われそうだったので、私は放っておきました。

つくづく、犬猫も人間のように個性があるなぁ〜と驚きます。


10/23/2019 水曜日
朝、ツイッターに迷い猫かもしれない猫情報をアップしました。

リツイートしてくださった皆さん、ありがとうございます。

私は、昨日から気持ちが沈み込んでいました。
猫の障害がわかった瞬間
(ああ、元気な猫ちゃんじゃないんだ)とか。
(年齢的に猫を飼うのが最後になるのに、この猫ちゃんなのか)とか。

手前勝手なものです。

今朝、西田屋さんが会社に行った後、三毛子猫は寂しがってしばらくないていました!

顔を近づけると、恐がりもせず、顔をすりつけてくる。
手を近づけただけで、自分から頭をすりつけてくるニャン。

撫でればスグにご機嫌になって喉を鳴らすニャン。

ああ・・・そうか、この子は障害があるだけで本人はいたって元気なんだよ。本人は何も気にしてなんかいないんだよ。

気にしてるのはアタシだよ!
治療とか介護とか、変な風に考えて。

猫が欲しくて、縁あって、うちに来た子。
大切にしょう。この子、面白いし。モルと真逆!

私にべったり張り付いて、何を言っているのかしゃべりまくります。
「アンタ、うるさいよ!」と言い続けているうちに。

「うるさい、うるちゃん」「ニャアァァァーニャーニャーウニャー」

命名「うるる」

元気で健康で愛らしいニャンになれ!

いきなり前向きになりました。そうと決めたらこうしちゃおれん。
私が元気にならなくては!何か自分をリフレッシュさせねば!

夜、スーパー銭湯に行きました。
心がへこんだり、薬で胃腸がまいってたり、歯の事でご飯が食べられなかったりで、体重が減っていました。

うわぁぁぁ〜なんか病んでた〜〜〜。

でももう大丈夫。
子猫と共に発表会を乗り切ろう!

10/22/2019 火曜日
昼間、西田屋さんとお買い物。コストコで食材の買い溜め。

昨日、朝霞に住む友人が猫を保護したのでもらってくれないか?との連絡があり猫をもらいに行きました。

日曜日の夜、自宅駐車場でうずくまっていた子猫だそうで。

生後6ヶ月ぐらい、との事。

家に連れ帰ってみると、やたらに人懐っこい!もの凄いおしゃべり!蚤もいない、キレイ!

そして、左脚が短いのか、上手く歩けませんでした。
でも、3本脚で跳ねるように走りまくる。

うわぁぁぁ〜〜この子、障害があるニャンだぁぁ〜〜。
もらった時は気づかなかった〜〜。(受け渡し時間はものの5分)

生後、5ヶ月ぐらい。赤ちゃんから少女に変わる時期で細長い体型。尻尾は長くてまっすぐな三毛猫。

後頭部の柄がカラスが羽を広げているみたいだから西田屋さんが「ガーコ」と呼びました。

私も最初は「ガーコちゃん」と呼んでいましたが、「やっぱガーコじゃないでしょ!なんかもっと可愛くて素敵なお名前をつけたいわー」。

人懐っこい、人がいないと寂しがって泣き叫ぶ!
トイレも瞬時に理解。
何より、布団に入って枕を使って寝るのがわかり、「この子、迷い猫だ!飼い主さんいるわ!どーしょう・・・・・」

と、悶々とした夜でした。

10/21/2019 月曜日
午後・歯医者。

歯茎の腫れは引きましたが、右下5番のぐらつきに耐えかねて先生に治療開始をお願いしました。

グラグラした歯があると、食事を楽しめません!
食事が苦痛だなんて耐えられない!

「歯、とっちゃうケド、日曜日はダンスの発表会なんでしょ?いいの?」と聞かれましたが。

「歯抜けになっても目立たない場所なので、お願いします」。

この歯は、上モノをとってみて、芯が横割れならセーフ、歯根があるので新しい歯を建てられますが、縦割れだった場合はアウト!

抜歯です。

(どうか横割れでありますように〜〜)祈りましたよー。

デンタル撮って、麻酔して、上モノを壊しました。

「良かったね〜〜横だったから、新しい歯を建てられるよ〜」。

「はぁぁぁ〜〜良かったですぅ〜」。

噛み合わせを診てもらったら、右奥6番7番のインプラントが使えてない事が判明。

「ごめんね〜これじゃ噛めてなかったね〜」と高く盛り土をしてもらいました。お口の中の工事とは、ほとんど土木作業。

歯の噛み合わせ、大切です。

結局、今回の発表会も「お口の中は工事中」になりました。
わははは〜〜。歯抜けでマヌケだぜぇ〜。

あとは薬で荒れた胃腸を整え、体力・筋力がどこまで回復できるか?です。

10/20/2019 日曜日
早めの晩ご飯を食べて、テレビでラグビー観戦。
・・・・・の途中でもの凄い眠気が・・・・・。

ああ・・・・ニッポン・・頑張れぇ〜〜・・・・・・ぐがー。

食欲と睡眠欲に惨敗する私です。
(年々、コレを我慢できなくなっているのは、やはり年齢なのかしら?)

8時に寝ちゃうと夜中の2時3時に目が覚める。

漠然とした不安に襲われる。
考えない!思考ストップ!録画した映画や本を読む。

生物・・・人は誰しも「この世」という舞台に一瞬躍り出るだけ。

出番が終わったら、この世での舞台はおしまい。
あの世か、異次元の世か、わからないケド、また再びどこかに躍り出る。そんな気がしています。

地球でのこの世。違う星での世。 輪廻転生SFの読み過ぎか?

昨日からWOWOWで「クイーン特集」。フレディー・マーキュリーのドキュメンタリーが始まったから、こんな事を思うのかもしれないです。

ロックファン、漫画ファン、映画ファンは、続続と偉大な人物達が鬼籍に入っていくのを見ているしかない。

ああ・・・この人も逝っちゃったか・・・・と。

当たり前なんですが、やっぱり寂しい。


10/19/2019 土曜日
寝てるか、本を読んでるか、食べてるか、だけ〜〜。

こんなにだらしなくゴロンゴロンしていて良いのだろうか?
でも、心と体がゴロンゴロンを求めているので、好きなようにさせています。

筋肉はなまったー。でも、疲労は回復し始めました。

早めの夕飯の後、ラグビーを見ながら寝てしまい。
夜中に目が覚めて、WOWOWでやっていた映画「ブレイド2」を見ました。監督はギレルモ・デル・トロだったんだねぇ〜。

十二国記シリーズの新刊、「白金の墟(おか) 玄(くろ)の月」を読んでいます。謎だらけ〜この謎は全て明らかになるのかしら〜?

10/18/2019 金曜日
昼のレッスンをお休みして歯医者さん。

右下歯茎の腫れで患部がどこだかわからない。
6,7番はインプラント。
この部分が腫れたとしたら最悪です。
(インプラントの歯周病は急速に増悪して、インプラントをダメにする)

一番怪しいのは4,5番。

歯医者に行って判明しました。腫れている歯は右下5番。
膿を出すべくレーザーメスで穴を開けまして・・・・。

腫れた歯茎のお手入れ方法は。
この穴に極細歯間ブラシを突っ込んで膿を掻き出す!
を、自分でやるんですよ・・・・。

ええ、もう、過去に2回やってますから〜。
歯科衛生士さんも「今更説明しなくてもご存知だとは思いますが、今回の穴は横穴ですから、左側からブラシを奥歯に向かって入れてくださいね〜」。

で、この歯は現在グラついています。
腫れでのグラつきとは思えない、大きくグラグラしています。

「コレ、被せモノの芯が折れてる可能性が高いな〜」と、院長先生。

「今はとにかく腫れを引かせるしかないから、治療は来週からかな〜」。

と、いうコトで「薬を飲みつつ膿を掻き出す」を仰せつかりました。

レーザーメスで穴を開けて膿が出せたので、むちゃくちゃラクになりましたー。

それにしても私のこの「おでき体質」「化膿体質」、は一体何なんだ−。
疲れると、化膿する。
不潔にしてるからなのかしら〜〜???

夜、バレエ仲間と先生に心配されまくりのメールが来ました。
すいませーん。

10/17/2019 木曜日
抗生薬と鎮痛剤の飲み過ぎで胃がやられました・・・。
ぐったり。
でも、鎮痛剤を飲まないとご飯が食べられない。

夜・バレエレッスン。
レッスンの後は衣装を着けてのリハーサルがあるのですが。
雨降ってたし、衣装を汚したくなかったし。

衣装を着てリハーサルすると疲れちゃうので、衣装を持って行きませんでした。

あはははー衣装着てなかったのは私だけー!
(電車を乗り継いでくる私を大先生は知っているので、おとがめなしでしたが、豊洲から来るMちゃんはちゃんと衣装を着けてましたー)

ああ・・・右下の歯茎と歯根が腫れて、リンパもパンパンだー。
(明日のレッスンは休むべきか?)

10/16/2019 水曜日
お昼・美容院にてシラガ染め。
発表会もあるのでブラウンに染めました。

(誰?コイツ?)
久々の人類らしい髪色に驚く私!

3時過ぎ帰宅。

4時から有志が集まって大泉学園の区の集会場にて自主練習。
私は30分遅れて参加。

夜からスタジオで「照明合わせ」。

舞監、音響、照明スタッフの前で衣装を着けてのリハーサル。

私は体力温存モードで化粧はしませんでした。
化粧すると疲れちゃうんだもーん。

照明合わせ
これが終わると、いよいよ発表会本番気分に切り替わります。

10/15/2019 火曜日
洗濯して、お昼から接骨院。

え〜日記にバレエの発表会、発表会と書きまくっているので、ご報告。

10月27日(日) 「ルナ バレエスタジオ 17回発表会」 

練馬文化センター大ホール 入場無料・全席自由
16:30開場 17:00開演

です。お近くの方は是非見に来てね〜。
私の出番はたぶん18時頃です。4分半の曲なので、「アッ」と言う間に終わっちゃいます。

終演後、ロビーにチュチュ姿でご挨拶に出て来ます。

55歳のババリーナのチュチュ姿・・・・ほとんど変質者。犯罪です。この日、この時だけは私を指さして大笑いしながら「変態〜〜!変質者〜〜ババリーナ〜〜」と私を罵倒・愚弄する事を許します。

この日だけですよ。
この日だけですからね!



10/14/2019 月曜日
お昼、すーさんに誘われて映画「ジョーカー」。

すーさん、「バットマンシリーズ」をよくわかってないし、好きでもないのに・・・・・おまけにバイオレンス系、ホラー系、ダーク系が苦手なハズなのに・・・・「なんで?」と聞くと。

「ネットで話題になってたから観たかったんですケド〜一人で観るのはやだなぁ〜と思って」。

(・・・・・・・・・お前、ネットで話題になってりゃバイオレンスでもホラーでもダークでも観れるんじゃん!何が苦手だよ?どこが苦手だよ?ネットに死ねッ!って言われたら死ぬのかよッ!)
と、激しくツッコミたくなりましたが、モコ先生は中年なので言いませんでした。

ネットで話題になった板橋・練馬限定「イタリアンプリン」もすーさんは食べていました。「美味しいケド、高いですよう〜」が、すーさんの感想。

「キミはアレを美味いと言うのか?」
「え〜〜美味しかったじゃないですか〜」

大人げなくモコ先生はギャンギャンしちゃいました。

さて映画「ジョーカー」ですが、こりゃ賛否両論真っ二つに分かれるワ〜〜〜〜と納得しました。

私的には、すーさんに誘われなければ、わざわざ見に行かなかったレベル。でも、見ればそれなりに面白いよ!

そして、メンタルが弱っている人は見ちゃダメだよ〜〜。
暗いわ、重いわ、「カッコーの巣の上で」「女優フランシス」「シャイニング」の仲間映画。精神病だとか障害だとか、貧困とか、「じゃっ、どーすりゃいいんだよッ!?」というテーマの答えが「殺人鬼に変身」ですから・・・ありがちなホラー映画です。このありがちなホラーを役者やセンス抜群な挿入歌で見ごたえのあるゴージャスな映画に仕上げています。

長いこと映画を見続けていると。
人が壊れて行く様を丁寧に描いた作品を高評価する流れってのがあって・・・・それはまるでファッションは巡りめぐって再び同じブームが来るのと同じ。

年寄り映画ファンには(ああ、またか・・・また、こっち系の流れが起きてるのか?)と思うケド。

若い世代には新鮮だったりして(ここまで描くなんて凄い!)になったりします。

そぉゆう映画でした。

本日、体育の日で区立体育館は無料開放。
運動好きに変身したすーさんは体育館に行きました!

私は運動を休んで、バレエの衣装のムシ付け(ホックを引っかける部分の直し)。

晩ご飯は西田屋さんが麻婆豆腐を作ってくれました。

10/13/2019 日曜日
台風19号が去りました。
自然に対して人間は無力。どーする事もできません。

私は、読書三昧でゴロゴロ。

携帯電話の緊急警報の音!
マジで心臓に悪いんですケドーーーー!

荒川と石神井川に挟まれている地域なので、警戒レベル4になったときはさすがにドキドキしました。(とはいえ、うちは地形的には高台)

私の口の中も警戒レベル4です。
痛み止めを飲んでからじゃないと食事ができない。

鎮痛剤って、胃のためにも食後に飲むものなんですケドーーー。

バナナを一口、ベロと上顎で押しつぶして飲み込む。ゼリー状の栄養サプリを飲んでから鎮痛剤を飲んでいる私です。

噛めないって凄い辛いねぇ〜。

おじいちゃん・おばあちゃんの食事がもたつくとか。
食べたモノが口からこぼれ出ちゃうとか。
食事にやたらと時間がかかるとか。
食事をしている姿が醜くなるとか。高齢者気分を理解中。

夕方、本屋に行って「十二国記」の新刊「白銀の墟(おか)玄(くろ)の月」1,2巻を購入。楽しみ〜〜〜。

10/12/2019 土曜日
・・・・・・右下の歯根部が腫れ始めました・・・・。

発表会前の疲れが出たらしい。
発表会前になると、いつも必ず歯医者通いになる。

今回は、大丈夫かも〜と淡い期待があったんですが。
やっぱり、腫れるのか!こんちくしょう〜。

腫れると、神経が圧迫されるらしく、とんでもない激痛が起きます。

子供時代の「虫歯が痛いよう〜」と泣いちゃうヤツと同じ痛み。

顔の部品が痛いというのは、マジで我慢なりませんッ!
抗生物質・痛み止め、がぶ飲み!(がぶ飲みはいかがなものか?)

おとなしくしていよう。
台風でどこにも行けないし。

10/11/2019 金曜日
お昼・バレエレッスン。夕方・接骨院。

結婚記念日〜祝1周年(新婚よ〜ん)
まぁ、普段通り普通なんですが。

皿うどんを作りまして。具材をふんぱつしました。
デザートはセブンイレブンの「イタリアンプリン」。

「イタリアンプリン」 私は全然知らなかったんですが、板橋・練馬限定発売。 板橋・練馬の局所オンリーで話題らしい・・・・・。

大きさも見た目も「カロリーメイト」。
で、味までも・・・・・・。

「モチモチさせて、クリーミーにしたカロリーメイトじゃん!」
が、私の感想でございます。
プリン好きの方の反論もあると思いますが、反論したくとも食べている人が板橋・練馬だけですからね!

人気が出て、全国で売られるようになったら感想を教えてねん。

台風19号の影響で、コンビニ、スーパーの棚がカラッポで驚きました。私は、ニンジンだけ買って帰宅。(皿うどんに使うから)

明日、発売される小説、18年ぶりの新作「十二国記」の続編を楽しむべく「魔性の子」「風の海 迷宮の岸」「黄昏の岸 暁の天」を読み返している私。

・・・・・たぶん、明日、本屋は台風でお休みか・・・・。

10/10/2019 木曜日
夜、バレエレッスン。

スタジオに発表会の衣装が届いていました。
大きな段ボール箱がそこかしこ。
前のクラスの子供達は白鳥の衣装を着てリハーサル中。
衣装確認に来る母娘でスタジオはごった返しています。

更衣室に行くと。
衣装が入らなかったと思われる子供とママがしんみりしてました。

「すっごい可愛い衣装じゃん!絶対入るよ!着せてあげようか?」

パンツ一丁の娘ちゃん。女のコとして衣装が入らなかったショックで「もう、いい!もう着たくないッ!ダメだったもん」。
「そんな事ないよう〜入るよ!着せてあげるから、もう1度やってみようよ」

衣装のムシ付けをできるならやりたくないママは。
「着せてもらおう、入るかもしれないよ」と説得。

「バレエの衣装はねぇ〜力ずくで着るんだよ〜〜」ギュッギュッ。
「ほら〜〜入るじゃ〜ん!綺麗に着れたじゃーん!これならどこも直さなくていいじゃ〜〜ん。可愛い、可愛い、写真撮っておきな〜〜」と言うと。

ママが「ありがとうございます。初めての発表会で何もわからなくて・・・・バレエの衣装ってこうやって着るんですね!ムシ付けをしないで済んでありがたいですぅ〜〜〜」。

「全然楽勝で入りましたよ〜。でも2週間の間、太らないでね〜」。

衣装渡しの日は毎回ドタバタ阿鼻叫喚!
衣装が入るコ、入らないコ。

そして着せる人によって入ったり入らなかったりもします。
腕力・握力がある私は「着せ上手」なのでした。
(入って良かった。内心冷や汗でした。)

10/09/2019 水曜日
午前中・内分泌内科(バセドウ病)

血液検査の結果は微妙でした〜〜。
薬を止めて1ヶ月半。微妙に再燃の気配〜〜。いやぁ〜ん。

「どーします?薬、飲みます?」と担当医師。
「動悸と多汗が起きてないので、大丈夫な気がします」と私。

「まぁ、もう1ヶ月、様子を見ましょうか?」になりました。

本日、バレエスタジオに発表会の衣装が届く日。
そして、金曜クラスはスタジオの近くで自主練中。

自主練チームの顔を見に行きたかったケド、時間が間に合わず、スタジオに衣装を取りに行くと・・・・・。

アクシデントで衣装が届いていませんでした。

後援会のママさんがた、アシスタントさん、先生、茫然!

数時間遅れになるとの事。

「明日の夜のレッスンの時、受け取りますね〜」と言って私は退場。

夜、西田屋さんは飲み会なので、私は一人でご飯を食べてゴロゴロしました。

10/08/2019 火曜日
お昼・接骨院
ぎぇ〜ぎょえ〜〜!尻と脚がカチンコチンです。
首・肩・腰も硬いのですが、現在、痛みは出ておらず一安心。
(今年の春はてんやわんやの頸椎狭窄事件でした)

肉体的にどこにも「のびしろ」がなく。
むしろ衰え始めているこのボディで「バレエ」をやってる私って何?
ばかなの?

重箱の隅を突っつく踊り、バレエ。
心が狭くなる偏狭な舞踊、バレエ。

持って生まれた自然な肉体に抗う、バレエ。

関節や筋肉の構造を知らずに続けていると身体を壊すバレエ。
(逆に勉強をしていると、バレエは素晴らしいリハビリにもなる)

上達や体型で嫉妬渦巻くバレエ。

難しく苦しいからこその達成感。
幸せは不幸を知らないと感じられないものだから。

漫画家・やなせたかし先生も言っている。
生きるコトは悲喜こもごも。喜びの前に悲しみがあるからこそ、幸せを感じて喜べるのだと。

元気100倍アンパンマ〜〜ン!





10/07/2019 月曜日
麻雀疲れと飲み会疲れ。楽しくはしゃぎ過ぎました。

夜、すーさんと区立体育館。
なんと、雨なのにすーさんったら歩いて来たよ!

すーさんの運動やる気モードがアゲアゲになっていましたー。
が、膝が痛い私は「フラフープと上半身の筋トレやって帰るわー」と言いながら体育館に行ったら・・・・・。

フラフープのクラスが休講になっていましたー!ショック!

すーさんはマシーン筋トレ。
私はアークトレイナーを20分。

すーさんはバレトンのクラス。
私は膝に無理をさせたくないので、ストレッチして帰りました。

それにしても体育館スタッフでもあるインストラクターさんが心配です。スポーツ・インストラクターは肉体労働。

一生続けられる仕事ではないかもなぁ〜。

10/06/2019 日曜日
「漫画家の漫画家による漫画家のための麻雀大会」

漫画家・かたおかみさお先生と麻雀サークル主催・花摘香里女史が善意で毎年行ってくださってます。(感謝)

昔は竹書房主催で「麻雀最強戦・漫画家大会」というモノがあったんですが。
不況でなくなりまして。
漫画家飲み会もなくなりまして。同業者が集まる場がなくなりました。

「誰か何かやってよ〜〜〜」という要望に応えてくれたのがこのお二人です。

40人の漫画家が集まりました。

1回戦 あかほりさとる・尾澤祐司・おおつぼマキ 3位−20.1

2回戦 押切蓮介・若林健次・福本伸行    

福本先生、遅刻のため女性黒子(くろこ)が代打ちしてたんですが。黒子が「ひゃ〜この点数だと福本先生に叱られちゃう〜えーいッリーチだぁー!」とリーチをかけやがりまして・・・・。

リーチを賭けた瞬間、福本先生ご登場!
リーチ一発ツモ・北・ドラ3(衝撃過ぎて、アガリ役をよく覚えてない)

「まったく〜これだよう〜金持ちが持つ運気はこれだからやだよう〜」と、ぼやく私。

ぼやきながらも、まさかの1位で+58.9

3回戦 カミムラ晋作・藤島じゅん・弓月光 3位−24.8

4回戦 現代洋子・田代哲也・嶺岸信明 1位+53.3

田代・嶺岸先生相手によく頑張った!この私!!!

二次会の居酒屋で、初対面のすずき銀座先生に声をかけられました。「いさやまさん、ボクは34年ぐらい前に同じエロ漫画誌で描いてたんですよう〜」。

(村田ひろゆき先生にも同じコト言われた)

今はない、東京三世社、司書房(桃園書房、)、ゴマブックス、けいせい出版とか。
三和、KK、英知、大洋・・・・。懐かしい時代の話になりました。

しみじみ、ババア。

主催者の〆の言葉は「来年も生きてて元気に会いましょう!死なない事が大切です」(笑)

中山蛙・村田健司・弓月光先生は70歳!
お見送りに出た私とかたおかみさお嬢は「おじいちゃん、死なないでね〜〜〜」。

楽しい1日でした。(しかし麻雀は疲れる)

10/05/2019 土曜日
気がつけば10月。
気がつけば、27日は発表会。
気がつけば、再び失業中。

やることなすこと、全てがノロノロ。動きがのろい。

ああ、中年期から老年期に移行しつつあるのだな。
と、実感中。

私は48歳〜53歳まで「中年クライシス」に悩ませられていました。仕事がない不安、将来の不安、身体の不安、全てが不安で苦しい毎日。

そのうち不安に苦しむ事に飽きて、ポロリと憑き物が落ちました。

見えないブヨブヨとした膜を突き抜けた感じ。

「ババアですが、それが何か?」と完璧に開き直りました。
「だってババアなんだもの、仕様がないぢゃん!」。

34歳のとき自ら「おばさん宣言」をした私は、55歳で「ババア宣言」いたします。60歳になったら「バアサン宣言」するつもり。

アンチアンチエイジング!若さとは闘いません。

10/04/2019 金曜日
昼・バレエレッスン。

発表会前の疲れなのか?私だけでなく、みんなもボケボケな感じ。
昨日、今日とスタジオの雰囲気がアンニュイです。

来週からは、もうボケボケしている時間もなくなるし、気合いを入れるしかなくなるので、今日も己に甘くユルユル気分でレッスン。

読み出しはキツかった「闇の左手」を読み終わったら、(なんかもっと本を読みたい)という気分になってきました。

この時期に読書モードに入るのか〜〜〜。

でも、現実逃避の楽しい時間は必要です。
バレエも現実逃避の楽しい時間なんですが、「発表会モード」に入ると、趣味から修行(修業)に切り替わる。発表会という現実との戦いになるのでした。ぎゃふん。

10/03/2019 木曜日
夕方・接骨院
夜・バレエレッスン

今週は月曜日に左膝が腫れて、階段を下りられないトコまで悪化したので、体育館での運動を全て休んで、膝を冷やし続けていました。

左膝と右くるぶしがご機嫌斜めなので、バレエレッスンも様子を見ながら、脚を甘やかしつつレッスン。

ほぼババアなので無理はしません!
つーか、無理ができないのがババアの証!

「発表会慣れ」をしてきたのか?いつもなら、焦りと痛い身体に鞭打って気合いを入れてる頃なのに・・・・・。

なんだかボケボケのままです。
フニャフニャでクニャクニャでボケボケってーーーー!
気合い入れろー!と鼓舞しているんですが、いやはやなんともかんとも入らない・・・・・。

気持ちのアゲ方ってどーやるんだっけ?状態です。

10/02/2019 火曜日
アーシュラ・K・ル・グィンの「闇の左手」を読み終えました。

出だし、なかなか小説の世界に入っていけず、モゾモゾしましたが、
もの凄く面白い小説でした。

氷に閉ざされたとある辺境惑星では、人類の末裔が特殊な変化(進化?)を遂げていて両性具有の社会を形成。

これだけでも、私の理解を超えているのに、さらにこの星と外交関係を開こうとやってきた使節ゲンリー(普通に人類)が国の陰謀に巻き込まれるという、SFミステリーでした。

オス・メスの性差がない社会。全員、両性具有で、どうやって繁殖するのか?
1年14ヶ月、1ヶ月は25日の星で、毎月ケメル期と呼ばれる発情期が4日間あり、その時期にパートナーを見つけるとホルモンバランスによって、オス・メスが決定。

自らオスになりたいとかメスになりたいとか決めるコトはできない。

と、いう世界です。

そんな星にやって来た、黒人系男性のゲンリーが陰謀に巻き込まれ、人跡未踏の氷原を両性具有のゲセン人エストラーベンと90日にわたって逃亡するお話でした。

空を飛ぶ生物がいないその星には「飛ぶ」という言葉がない。
ゲンリーが宇宙船で空から下りてきたとき、その星の人々は「空を滑る橇」「空を進む船」と言います。

考え方の違い、異なる文化を越えて、友情と愛を育む物語でした。せつなくて泣けた。

ゲド戦記もそうですが、ル・グインはセックスをさらりと書きます。
物語に必要だったから書くのです。1行だったりします。

その1行が「うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜」と、読者に衝撃を与えます。

多様性と寛容を身につまされるお話でした。なんか凄すぎるお話だった。読み終わった後、しばらく頭の中がカオスでした。


10/01/2019 火曜日
午後2時・バセドウ病眼科病院。

病院は原宿にあります。現在、原宿駅は工事中で、どんな風になるのか謎です。

バセドウ病ならではの目の検査は、「出目率の測定」と「正しく眼球が動いているか?」で。

視力検査の後、写真を撮られたり、マブタの出っ張り度を計測されたりします。

医師がボールペンを横に持って、ゆっくりと上下に動かしながら「コレ何本に見えますか?」という質問。

1本しか持ってないのを知っているのに・・・・(なんじゃこの質問は?)とも思いますが、上と下方向にダブルビジョン(複視)が出ている私は「う・・・・2本に見えます」。

この検査の度、毎回「はいはい、顔動かさな〜〜い!顔は動かさずに目で追って〜〜〜」と注意されます。

それも何度も。

「はいはい、顔動いてますよ〜〜。顔、動かさな〜〜い」

眼球の動きが悪い私は無意識に顔が動いてしまうんですよッ!
自分の手で顔を動かさないように押さえる始末!

ドライアイで眼球に細かい傷があるので、こまめに目薬をさすように言われただけで、診察は終了。

原宿散歩でもしようかな?と思いましたが、あまりの人混みに挫折しました。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -