△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


11/09/2018 金曜日
夜、東京文化会館。
シュツットガルト・バレエ団 「白鳥の湖」全4幕。

・・・・・・寝ました。(ところどころ数分ですが)
「白鳥」は何故こんなにも眠たくなるのか?

(アマトリアンのチュチュ姿、似合わねーーー!)

「オネーギン」はあんなに素敵だったのに・・・・・。
演目とダンサーとの相性ってあるね。

フォーゲルの王子は完璧でした。(この人はやっぱ凄いんだなぁ〜)

とはいえ、このバレエ団の「白鳥」のエンディングは最悪バージョン。

呪いは解けず飛び去る白鳥。
湖の洪水で王子は溺れ死ぬ。

バン!と幕が下がるのでエンディングの余韻ゼロです。
お客さん「キョン!」って顔になる。
「え?今ので終わっちゃったの?」

会場で、バレエ教室の大先輩さんと遭遇。
池袋まで一緒に帰って来ました。

大先輩「いいわぁ〜、あの王子、素敵ねぇ〜良いオトコだわぁ〜。はぁぁぁ〜〜〜」。

これを繰り返して言っていました。
つーか、会話にすらならない。

確かにフリーデマン・フォーゲルは良いオトコですし、凄すぎるダンサーですが・・・・。

大先輩、目がハート。(やだ!この人、生身の男として鑑賞してた?自分がオデット・オディールになってる???)

舞台を見る者の感情移入とは何か?を、大先輩を見て考えてしまいました。

「はぁぁ〜〜〜今夜は幸せな気分で寝られるわ〜。じゃあね、モコちゃん」。

目をハートにしたまま大先輩は西武池袋方面に消えて行きました・・・・・。

バレエより、こっちに驚いた私でした。
大先輩の魂は舞台でフォーゲルと踊っていたらしい。

羨ましい。


11/08/2018 木曜日
お昼・接骨院。
そして施術後、院長とスタッフ先生と3人でランチを食べました。

入籍のお祝いに。と、ランチをおごってもらっちゃったよう〜。
ありがとう、ありがとう、どうもありがとう。

夜・バレエレッスン。
ひゃ〜〜「お勉強会」の振り渡し〜〜。
先週、休んだのでドキドキです。

「白鳥の湖」のパ・ド・トロワか?
「海賊」のオダリスクか?

選ばなくてはならないのですが、まだ決められません!

「勉強会」。私にとっては発表会より緊張します。先生にガン見されるのかと思うと、オシッコちびりそうです。

11/07/2018 水曜日
昨日、今日と掃除をしています。

本日は台所の引き出し。
1番上の引き出しに塩・砂糖、細々とした調味料・ハーブをしまってあるのですが・・・・・・・。

切れてるよ〜〜賞味期限と消費期限。

粉末コリアンダー2013年!
ローズマリー2008年!

ややっこしいのは、実は詰め替えているので、本当の年数がわからないハーブの瓶がゴロゴロしているコトです。

ローズマリーは瓶の賞味期限は2008年ですが、結構マメに詰め替えてる。

花椒(中国山椒)2010年・・・さすがに香りが飛んでいます。
自分でブレンドした七味とか。

ハーブの瓶を大量に処分しました。

羊肉を大量に消費する我が家にはクミンシードが大量にあります。・・・・・・・整理整頓しながら、(うちの台所は、一般家庭とは違う気がする・・・)と思いました。

11/06/2018 火曜日
雨。お昼・接骨院。

買い物をして帰宅。ほうれん草が特売だったので2束買って「ほうれん草のゴマ和え」。

すり胡麻を切らしていました。
家にあったのは白ごま。
すり鉢で白ごまをすりました。ゴリゴリゴリ。

ばぁーちゃんが「すり鉢は大きいヤツを買え」と、言っていたので我が家のすり鉢はわりと大きいです。大きいとすり鉢の中に砂糖と醤油とほうれん草を入れる事ができるのでらくちんです。

私の家事の知識は祖母から教えられました。

「食」に関して私も西田屋さんも人から「マメだね」と言われますが、本人達にその意識はありません。

すり胡麻がなかったから、すり鉢を使った。面倒くさいが、こっちのほうが美味い。

外食をほとんどしない夫婦。
とはいえ、私が出かけていて作るのが面倒くさい時は、お弁当を買ってきて済ませるコトもある。

今夜の晩ご飯。
さんまの塩焼き、ほうれん草のゴマ和え、じゃがいもに刻み生ハムと刻みパセリを混ぜたヤツ。と、アイコトマト。

11/05/2018 月曜日
お昼・美容院で髪の毛を赤く白髪染め。

夕方、すーさんに誘われてアニメ映画。

「若おかみは小学生!」を観ました。

私はテレビ放送でのアニメを3話で挫折してしまったので、(どーなのよ?面白いの?)と疑っていましたが。

すーさんが「夏休みからロングランヒットしているので、気になります!」と推しまくるので。

「まぁ・・・面白いかどうかは、観なくちゃわからないもんな」と、渋々つきあったんですが・・・・・・・。

なんか、わけもわからず泣けた。
ニヒルなすーさんも泣いていました。

この作品の一体どこに泣きスポットがあるのか?さっぱりわからんのですが・・・・・なんか泣かされちまいました。

お客さん、20人ぐらい。全員30代以上。(すーさんが一番若かったかもね)

ほぼ、50代・60代。服装と雰囲気からアニメ好き自由業者の人々と思われました。

全員、だらだらと泣いていました。きゃー何?客側はホラーだわ。

むせび泣くとかすすり泣くとか「嗚咽する」ではなく。
だらだらと涙を流す「滂沱」。

目を赤くしたすーさんが「なんかわかりませんケド泣けましたね!」。

「何に泣かされたのかわからんのが、気持ち悪いんだケド泣けた。
作画、凄かったね。あの丁寧な風景。とにかく、絵が凄いわ〜」。

映画の後、2人で体育館に行く予定でしたが、雨が降ってきました。

自転車すーさん、体育館に行くコトを挫折。
左膝が痛い私も「まぁ、今日は映画も観たし、リニューアルしたイーオンを見てまわる日にしよっか」。

土日にリニューアル・オープンだった激しさが「100円ショップのセリア」に覗えました。

「・・・・・・どんだけ買い漁るとお店がカラッポになるんだろうね」。
「凄いですね、ほとんど何も残ってませんね。100均なのに」。
「商品の補充が間に合ってないんだね」。

7時半に帰宅しました。

11/04/2018 日曜日
ごろごろ・ぼんやり。

原稿が終わったと同時に毎日遊びで、嵐のようでした。
あまりイン・プットになっているとも思えませんが。

54歳になってようやくわかりました。

仕事も遊びも「丁度良いバランス」なんてない!

不足か?過剰か?

質なのか?量なのか?

自由業という生き方は、商品を納品するまでが「ずーっと仕事」です。
9時5時では終わらないかわりに、遊べる時は遊べーー!で、必死に遊びます。

過酷で激しい生き方かもしれません。
見た目は部屋の中でぼんやりしている、おばさんですケド。

録画したドラマやアニメの消化。


11/03/2018 土曜日
夜、神楽坂セッションハウス。

今夜もダンス公演。コンテンポラリーと、ジャンル不明ダンス。

近藤良平さん絡みだからかな?
サラリーマン体操みたいなパフォーマンスもありました。
芝居の中のダンスもありました。

中村蓉という人は面白いヒトだなぁ〜。ダンステクニックも素晴らしい。

本来ダンスとは楽しくて面白いものです。
芝居やオペラの中でちょいと踊られるものが、バレエだったんだよなぁ〜〜。いつのまにか芝居やオペラから独立しちゃったケド。

ジャズダンスだって、ミュージカル映画あっての踊りだったハズなんだケドなぁ〜。

歌って踊れて芝居もする。舞台とはそぉゆうもの。

などと、真っ赤な六尺褌をはためかせて踊る、毛むくじゃらでデブなゲイゲイしいお兄さんの踊りを観ながら考えてしまいました。

ダンサーとは、たぶん踊れるだけじゃダメなんです。
歌えなくても、観客を魅了する何か。観客の心を鷲掴みにする何か。この人から目が離せない何か。が必要なんですなぁ〜。

色んなパフォーマンス天こ盛りな楽しい舞台でした。

11/02/2018 金曜日
夕方から上野にいました。

「上野公園!なんて恐ろしい所なの!ポケストだらけじゃないのッ!」と、これからバレエを観るヤツとは思えない勢いでモンスターを捕獲していました。・・・・・・・・・・一体何をやっているのだろう?アタシ。
会場で理華ちゃん&バンビ兄さんに会いました。

シュツットガルト・バレエ団「オネーギン」

昨日見たゲネの本番。

凄かった。やっぱり素晴らしかった。フリーデマン・フォーゲルもアリシア・アマトリアンも完璧でしたー。(やっぱり本番までに仕上げてくるのねぇ〜プロって凄いわぁ〜)

今年の私は「ドイツのドラマチック・バレエ祭り」でした。
2月、仕事のピークに発表会の練習・・・そしてハンブルクバレエの追っかけ。

そして、今週・来週はシュツットガルト。

カンパニーとしてシュツットガルトのほうが品が良いつーか、ダンサーがおとなしい。

アンコールの時の「熱さ」と、観客とダンサーが調和してしまう「熱狂」はハンブルクだけのものかもしれません。大泣きしながらブンブンと腕を振りまくると、ダンサーがブンブン振りかえしてくれるのよう〜。・・・・まぁ、本丸ジョン・ノイマイヤーが舞台に出て来るから、客がクレイジーになるんだケドさ。私は「ジョ〜ン!ジョ〜ン」とマジ叫びするしな。そして、叫んでいる客は私だけではない。

ファン冥利に尽きる・・・・のが、ハンブルク。

それと比べると、シュツットガルトは超一流の職人集団だから、ちょっとシャイなのかな。お客もおとなしかった。芸術監督が替わったばかりだから、お客も様子見な感じなのかな。でも、お客もちゃんと興奮してました。

そうだ、これはシュツットガルトであって、ハンブルクではないのだから。比べちゃ失礼だな。

夜、10時40分・板橋。
友人のお誕生会に顔を出しました。

いきなり麻雀になって、「リーチ・チュン・ドラ4」!リーチのお楽しみ、めくったら「發」でした。
東風戦・親だったので、リーチをかけまくっていたら、「リーチ・ドラ5」とかウハウハでした。

・・・・・・・クラシックバレエを観た後、いきなり麻雀かよッ!

なんなの?この振り幅・・・・・あああ〜せっかく素晴らしい舞台を観たのにぃ〜〜〜!「あっ、それポン」(チュン・ハク・ドラ3)

終電で帰宅しました。

11/01/2018 木曜日
夜、バレエレッスンを休んで東京文化会館。

公開リハーサル。(ゲネプロってヤツですね)
どーせ、はずれるだろうと応募した抽選に当たりまして。とは言ってもS席で2枚、「白鳥の湖」「オネーギン」をセットで買った人限定で応募資格があるという・・・・・応募すりゃ当たるんじゃねーか?とも思いましたが。

シュツットガルト・バレエ団の「オネーギン」の最終舞台稽古を2幕まで見られるコトになりましたーー。わーい。

でも、バレエ教室では今日から「勉強会」の振り渡しが始まるので、
お稽古を休んでいる場合ではないのですが・・・・・。

最終舞台稽古はメイクも衣装もバッチリの「ほぼ本番」です。
主役のフォーゲルのピルエットの軸がぶれたりしましたが、きっと明日の本番ではバリバリ完璧だろうな、と思いました。

このカンパニーのテクニックはバケモノでした。

団員全員の技術が高すぎです。怖いぐらいでした。

明日の本番が楽しみです。

10/31/2018 水曜日
お昼・接骨院。

そのまま池袋に画材を買いに行きました。
スクリントーン売り場がもの凄く小さくなっていました。

紙の漫画の時代は終わった・・・・。

でも、ペン先の種類は昔より多い。
何が起きているの?ペン画ブームなの?

ちょこまかとデパートの雑貨屋さんめぐり。

今日はハロウィンですが。
昼間の池袋にその気配はありませんでした。


10/30/2018 火曜日
「コタツ」を出す掃除。

午後、超久しぶりにかずちゃんが顔を出しました。
かずちゃんは父親の介護中。

二人でポケモン散歩。
そうか!そうだったのか!とゲームの操作を今頃知る私。

レイドと呼ばれる強いモンスターとの闘いに二人で挑み、あっけなく負けてやんの。カッコ悪い二人。

かずちゃんと別れて一人でポケモン散歩を続行。
・・・・・左膝が痛い・・・。びっこを引いて帰宅。

10/29/2018 月曜日
掃除・洗濯。
そして、原稿の最終確認。

5時。編集者さんに原稿渡し。
すーさんも一緒に体育館に行くので顔を出しました。

7時、体育館。

私もすーさんのコトを笑えない・・・今日のフラフープで私も「無」になりました。今日はすーさんに大笑いされちまったぜ!

「ぎゃははは!いさやま先生も無になってたじゃないですかー!」

「無」にならないと回せないのがフラフープだとわかりました。

左膝が痛いのにバレトンにも出てしまった・・・・。ヤバイかも。

帰宅して、風呂洗い。

漫画を描く仕事は動かず静かに忙しいものですが。
終わると今度は、掃除・洗濯・家事に追われて忙しくなり。
友人と会う予定で忙しくなったりもします。

甲状腺機能低下症で、何もせず、なにもできず、ただぼんやりとしていた頃を思えば、「やることがたくさんある」事は幸せです。

10/28/2018 日曜日
仕事で家事をしていなかったので、溜まった家事。

西田屋さんは、雨の自然薯掘りでドロドロになった衣服の洗濯。

今夜の晩ご飯はワイルドです。
昨日、道の駅で買った名前がわからん野生のきのこで「きのこ汁」(大根・玉葱・にんじん・しいたけも入れた)。
「きのこ炒め」(にんじん・ピーマン・豆苗・水菜も入れた)

そして「自然薯のとろろご飯」。

そーいや、道の駅で「むかご」を見なかったな〜。
買えたら「むかごご飯」を作ったのに。

地味で田舎な料理が好きな西田屋さん。
妻としては、好き嫌い無く何でも食べる夫は楽です。

お爺ちゃんが畑で「これも持ってきな」とカボチャを採ってくれました。「ちょっと待って、これも持ってきな」とジャガイモもくれました。

「カネはないけど、百姓は食べるもんには困らん」と言いました。

お爺ちゃーーーん。いつまでもお元気でご多幸を祈ります。(来年も会えるといいなぁ〜)


10/27/2018 土曜日
8時半。新潟・小出の炭焼き小屋。

何年ぶりだろ?
5年ぶりぐらいかな。

西田屋さんが行くラーメン屋の大将の遊びのひとつ「自然薯掘り」。
このオヤジのおかげで、めったにできない遊びをたくさんしました。
野生の日本ミツバチの巣を採ってはちみつ採取とか。
小川で鮎掴みとか。

沼田の山奥での畑作りとか・・・・・・。(ここで私はイノシシとか熊とか鹿とか猿がいかに畑を荒らすかを知る。熊は物置にミツバチが巣を張ったので、はちみつ目的で小屋を壊した。)

畑のど真ん中で鎌首をもたげたマムシと遭遇したり・・・・・。
畑の持ち主が「小遣い稼ぎ〜」と言って捕まえてました。

と、まぁ、自然というには野生過ぎるアウトドアを知るハメになったのは全部大将のおかげです。

モコ・オヤジの介護中だったので、出会って15年ぐらいになるのかな?

大将もそのお仲間もジジイになりました。(私はババアだけどな)

今回は炭焼き小屋を管理しているお爺ちゃんが同行。
80歳を過ぎてます。

山の中ではなく、道路わきの藪で芋掘り。
「うわーたいらじゃねぇーか!はぁぁ〜」と大将がため息をつきました。

自然薯掘り。実は山の斜面を掘るほうがらくちんなんです。
たいらな場所での芋掘りは重労働。(自然薯はとんでもなく深い場所にはえる)

途中で作業交代しないと掘り続けられないので2人1組で掘ります。

12人いたから6組。

どしゃ降り雨。掘り進むと土が粘土質になりました。
「うわぁ〜〜ねちょねちょ〜〜〜あ!」ザクッと自然薯の端っこを削りとってしまいました。「ごめ〜ん!やっちゃった」。

雨がひどいのと、大将がギックリ腰になりかかったので1時間半で撤収。

お爺ちゃんが新米を薪で炊いてくれました。
その場ですり下ろして食べる自然薯は美味いです。(じゃりじゃりするけどね)

お爺ちゃんが作った米(玄米)30キロを買って。
お風呂に入って帰路につきました。

1泊2日を日帰りに変更。
天気も悪いしね。体力的にも丁度良い(とは言っても完全徹夜)

7時、帰宅。
買った「とんかつ弁当」を食べて爆睡!


TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -