△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


05/02/2021 日曜日
家に籠もって、録画したアニメを見たり、本を読んだり、ゴロゴロ。

ヤバイ、ウォーキングすらしていない!
ホラ、やっぱり体重増えてる・・・・・・・・・・。菓子の食べ過ぎ。

このGWは部屋の中でヨガとかストレッチをしてボディメンテナンスをする!
予定だったのに・・・・ゴロゴロ。

ああ、やっぱり私は、体育館なりバレエスタジオなりに行かないと何も運動をしない奴なのね〜。

本来、基本というか根っこの部分がインドアなんだよね〜。

「山の眼玉」 畦地梅太郎 ヤマケイ文庫
素敵な画文集

読むより、絵と版画を眺めてる時間の方が長い。

05/01/2021 土曜日
朝7時、読了。

「一度きりの大泉の話」

昨日の夜、本を手にして帯の文章を読んだ瞬間に動悸がして血圧が上がるのを感じました。

モーサマが全身全霊で怒っている・・・・。
ケーコタンが自伝を書かなければ、おそらく死ぬまで封印したであろう出来事が書かれていました。

知人の猫洞まこと氏が私のつぶやきに返信してくださいました。
「いやー、まことに、マグマが噴き出したような凄い御本ですね」。

全くその通りです。

1970年代の漫画ファンにとって「大泉サロン」のコトは誰もが知っているにも関わらず、萩尾先生だけは硬く口を閉ざしていて。
その「頑なさ」に「タブーなのだ」と暗黙の了解をしていましたが・・・・。

これ程だったとは。

50年前です。
50年前に、21,2歳の女性漫画家が2人で住んでいたケド、なんかやな感じーになって決別したと。

こう書くと、あまりにありがちなんですが。
ありがちすぎて、今更公表なんかしたくないわよッ!
でも、全てをさらけ出さないと、あんたら納得しないんでしょッ!

「あんたら」の一人は私でもあります。

薄々、こんなコトなんじゃないのかしら〜と思っていた通りでした。

この本を手に取り、読んだ人は漏れなく全員逆鱗に触れたと感じるのではないかと思います。

読みながら(アタシってば恥知らずだ)という気持ちになりました。

私も永久凍土に封印します。

04/30/2021 金曜日
夕方・歯医者。
今回の歯茎の腫れ、長引きました。
歯科院で貰っていたペニシリン系の薬を飲み尽くし、痛み止めのロキソニンも飲んだと伝えると。

「はやく受診してくれれば、こんなに長引かなくて済んだのにぃ〜」と、歯科衛生士さん。

潰れて小さくなった歯茎オデキの膿が出た穴に容赦なく歯間ブラシを突っ込みました・・・・・大出血〜〜〜血の塊、デターーーー!

「いさやまさん、この穴に歯間ブラシを入れてお掃除して欲しいんだけど、自分で出来る?」。

と、歯科用手鏡(T字型でライトが付いてて、息で曇らないスグレモノ。購入したいと値段を聞いて諦めました。高価。)
と、歯間ブラシを私に持たせて、(さぁ、やってみろ!と)。

左上3番の真裏・・・・・全く見えないし、見えたとしてもオデキの噴出口にブラシを寝かせて侵入させるのは無理〜〜〜!(4S使用、一番細いブラシ)

「やっぱり無理よねぇ〜」。と歯科衛生士さん。
「そりゃ、無理だろ」。と院長先生。

とりあえず、オデキの穴をほじくり返されて、薬を注入されました。

夜、萩尾望都先生の「一度きりの大泉の話」を読み始めたら徹夜になりました。

04/29/2021 木曜日
「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」を見そびれた私。

本日、100分に拡大版の「さよなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日」を見ました。

見始めてスグに庵野監督と気持ちがシンクロしちゃいまして・・・・取材班の取材の仕方に私も一緒になってイライラしました。

監督が現場取材を受け入れたのは、おそらく「作品を造る現場」を知って欲しかったからだと思いますが。

取材する側は「庵野秀明の絵(画像)」が欲しい。

「ボクばっか撮ってどーするの?もっと他に撮るトコあるでしょう」

うんうん、アタシだったらもっと引いて制作現場の風景を撮るよ!
凄いミニチュアの建物じゃーん!なんで、ココを格好良く撮らないの?

そして取材班の質問「どーしてなんですか?」「何故なんですか?」

まぁ、聞きたくなるんだろうケドな。

モノを造ってる人に、簡単に聞いてくれるなよ。
こっちだって、知らねーよ!なんでこうなるのか!と、テレビの前で叫び出しそうになりました。

あたしゃ、庵野監督じゃねーのに。

拙い私にもインタビュー経験は何度かありまして。
記者の「なんで?」に閉口しました。

「なんで?なんでモコちゃんはパンツ一丁でおかっぱなんですか?
先生は違うじゃないですか?」

「だってそぉゆう風にキャラを作ったから。逆に聞くけど、あなたはドラえもんがなんで水色で手が丸いのか?とか考えますか?ドラえもんはドラえもん、サザエさんはサザエさん、というキャラクターなんだと素直に思いますよね。それと同じなんですよ」

ワシって親切だなぁ〜。

なんで?と人は聞きたがる。人は疑問を持つと答えを見つけたい生き物だから。しかも、スグに納得できる答えじゃないと腹を立てる。

何かを作る。制作する、という行為は簡単に答えられません。
好きだからなんですが。何故好きか?と問われても「好き」に理由も解答もないんです。

だけど、人は常に「何故好きか?答えを述べよ」と言ってきます。

私は過去に記者に「あなたは何色が好きですか?」と聞きました。
新人記者の若い女性は「ピンク色です」と答えました。

「何故あなたはピンク色が好きなの?」と聞くと「可愛いからです」と即答しました。

「何故、あなたはピンク色を可愛いと感じるの?」と私は聞きました。

意地悪に感じるかもしれませんが、私は記者にわかって欲しかった。

本当の好き、本物の好きに、理由なんてない。
○○だから好き!なんてのは、好きの理由付けをやってるだけで証明にはなってないのだと。

結局、記者は自分がわかる範囲の記事を作りました。

この番組で宮崎駿氏だったかが「人の持つ物差しの長さ」について語っていて。

大きすぎる、長すぎる物差しを持っている人間を小さな物差ししか持ってない奴は理解できない、と言っていました。

私もこの「物差し」については30年以上考え中。

そう、私は物事を長期に渡って考え続ける粘っこさを持っています。
これには忍耐と努力しかない。考え続ける忍耐。

(こっちは、こんだけ苦しい思いをしてんのに、簡単に聞くなよ!)
と、私が庵野秀明とシンクロしてどーする?

エヴァだけにシンクロ率、大切よね。
すいません、こんな凄い人とシンクロしたとか言っちゃって。







04/28/2021 水曜日
切り抜き新聞記事の整理と。
見たテレビ番組のメモ整理。

いつだったか、NHKの番組で「杉山家三代の物語」ってのを見まして。
大慌てでメモを取ったはいいケド、誰が誰だかぐちゃぐちゃになりまして、その整理。

明治・大正・昭和を生きた政界の黒幕・右翼の大物、杉山茂丸・・・の息子が杉山直樹。夢野久作です!

夢野久作が名前を変えやがるので混乱しました。
幼名・杉山直樹。親に農園をやれ!と命じられて頑張る直樹!でも頑張りすぎてブチ切れて出家。名を泰道に改名、2年で還俗、再び農業、ブチ切れて九州の新聞社に入社・・・・・。

で、夢野久作の息子が長男・杉山龍丸。インド緑化の父。次男・杉山参緑。詩人。

で、龍丸の息子が作家で評論家の杉山満丸(今、65歳?)

夢野久作という人は父親によって波瀾万丈の人生を送りました。
実母は離婚なのか?死亡なのか?はっきりしませんが、幼少時にはすでにいなくて、祖父に育てられました。

父親には愛人が3人いて後妻さんもいたようなので継母だらけの家庭でした。

現実が厳しすぎたからなのでしょうか?

「押絵の奇蹟」で「瓶詰地獄」で「犬神博士」で「ドグラ・マグラ」で「少女地獄」なのでした。


04/27/2021 火曜日
WOWOWでやってた映画を見ました。

「ジュディ 虹の彼方に」 2019年

47歳で亡くなったジュディー・ガーランドを52歳のレニー・ゼルウィガーが演じました。凄まじい演技でした。

ジュディー・ガーランドと言えば「オズの魔法使い」ですが。
歌が上手い子どもとして、美空ひばりと重なります。
容姿ではなく、歌でオーディションに受かり「オズ・・・」の主役になりました。

私は娘のライザ・ミネリが好きでして。
フランク・シナトラとサミー・ディビス・Jrとライザのコンサートを見ています。
生サミー!マジちっちゃい!
生シナトラ!マジでっかい!(バブル期直前だったから、稼ぎに来たんだと思う・・・あの頃の日本は狂っていました)

生ライザを見るぐらい好きなワケで、当然ママンのジュディの切ない生涯も「なんとなく」知ってはいました。パパンは名監督ビンセント・ミネリ。

映画「オズの魔法使い」を見た人、全てに見て欲しい映画です。

LGBTの虹色のマーク(レインボー・フラッグ)は、ゲイカップルを認めた女優ジュディとオズで歌われた「オーバー・ザ・レインボー」に起因していると知りました。ギルバート・ベイカーが1987年にデザインしました。

兎にも角にもレニー・ゼルウィガーが凄すぎ・怖すぎ!
飲んだくれアル中オバサンの生き霊が憑依しているとしか見えませんでした。

04/26/2021 月曜日
1時・接骨院
夜・バレエレッスン。

今夜のレッスンで、スタジオもGWに入るので、次回のレッスンまで10日空きます。この10日間をいかに太らずに過ごすか!が、課題です。

つーか、もう既に今月の中旬から体重が増加傾向にあって、私の運動モチベーションは低空飛行中。

今年のGW、予定無しです。

04/25/2021 日曜日
「まん延防止等重点措置」から再び「緊急事態宣言」になりました。

準備期間が短かったためか、公共施設は今日まで開いていて、明日から全面休館になるようです。

買い物帰りに中央図書館を覗くと、山ほど絵本を抱えたママや、籠もり生活は読書と決めた人々で混雑していました。

混雑を見て、入館せず帰宅。

書き忘れましたが、昨日は西田屋さんの誕生日でした。
おめでとう、55歳。ゴー・ゴー!

そして、昨日の新聞記事でベイシティ・ローラーズのレスリーが亡くなった事を知りました。4月20日に自宅で急死。詳細は不明。65歳。

ベイシティ・ローラーズ
当時私は興味がありませんでしたが、10年後に曲を聴いて、結構良い曲だったんだなぁ〜と思いました。

同じようにチェッカーズも解散してから曲を聴いて、以下同文。

タータンチェックは好きだけど、タータンチェックを纏ったアイドル達は素通りしてしまった私です。

夜、腫れていた歯茎から出血〜〜〜。


04/24/2021 土曜日
11時40分・体育館。1コマ、スタジオプログラムに参加して。
1時半・西田屋さんと車で「千葉市美術館」に行きました。

超〜久しぶり〜美術館〜〜。
なんと、この美術館でミルミルが監視員のお仕事をしていて、誘ってくれたのです。

ミルミル、仕事がお休みの日に私と西田屋さんに付き合って職場に来るだなんて、なんか恐縮。でも、絵の説明付で鑑賞者としてはありがたいッす。

ポップ・アートの魔術師 「大・タイガー立石展」

立石紘一ことタイガー立石こと立石大河亜(たいがあ)。
(1941ー98) 56歳で亡くなっている画家です。漫画作品も多い。
粘土で作って焼いた陶彫作品も。

言葉にできん!色々凄すぎて脳みそ爆発しそう。

夕方、お仕事を終えたミルミル夫、イチャイチャスキーさんも合流して、美術館地下のちょい飲み屋で食事しました。

千葉市美術館、謎な建物。(どーやら内部は古くて、外側は新しいらしい) 上野にある「国際子ども図書館」みたいな作りなのかな。

久しぶりに顔を見られて嬉しかったよん。ミルミルちゃん&イチャイチャスキーさん。

04/23/2021 金曜日
午後から、すーさんと板橋区中央図書館。

すーさんは漫画「ましろのおと」
私は雑誌「ロッキング・オン」

この図書館、月刊誌のバックナンバーも揃っているんですよ!素晴らしい!

5月号はフレディー・マーキュリー特集。
QUEEN結成50年、フレディー没後30年。
1981年のロングインタビュー記事の再録。

成功するバンドに必要なのは?と質問されたフレディーは。

「不可欠なのは、ある種の傲慢さにたっぷりの自信。それに絶対的な覚悟。」

「自分を売り込む技を学ぶこと。
しかるべきタイミングでしかるべき場所にいること。
そして最初からビジネスにおける折衝の仕方を体得すること。」

・・・・・ジーン・シモンズも同じコト言ってた・・・・・。

(ビジネスにおける折衝(せっしょう)の仕方を体得すること)
訳者が賢すぎます。
私、「折衝」を辞書で引いたわ。

外交その他の交渉での談判、または駆け引き。
利害の異なる相手と問題を解決するために話し合うこと。

しかるべきタイミングでしかるべき場所にいないとプロになれないのは本当にその通りで、自分の駆け出しの頃を思い出しました。

図書館で2時間過ごして帰宅。

そーいえば、今日から「こどもの読書週間」です。

04/22/2021 木曜日
右目の充血が治まったら左目が充血〜。
歯茎も腫れたままでやな感じ〜。

夕方・接骨院
夜・バレエレッスン

毎週木曜日、レッスンから帰宅してから晩ご飯を作るのが結構キツイ。
今夜は西田屋さんがソース焼きそばを作ってくれました。

昨日作った野菜スープとほうれん草のソテーと焼きそば。

帰宅してスグ、台所に立たなくて良いって、らくちんだぁー!!

04/21/2021 水曜日
午前中からワチャワチャと動き回り。
午後からは、古本を売ったり買ったりしていました。

散歩しながら、思いついたギャグが、ツボイノリオか?なぎら健壱か?
みたいな駄洒落ギャグで・・・・・。

ああ、もうダメだアタシ。と思いました。

「東京」という言葉を全て「とうにょう」に替えてみよう〜というギャグ。
(たぶん、このギャグ使い古されてる)

とうにょうタワー、とうにょう電力・・・・・。ああ、やっぱりもうダメじゃんアタシ。

だいたい、病名をギャグに使った時点でアウトです。
差別的です。

21世紀、もはや英国BBCの「モンティーパイソン」は完璧にアウト!
そーいや、今の「サタデー・ナイト・ライブ」はどーなっているのだろう?

いつの間にやら、ブラック・ギャグは絶滅危惧種です。保護しないと時代に絶滅させられます。

「とうにょうは〜夜の7時♫」 お洒落なピチカート・ファイブを台無しにしてみました。

いっぺん、マジで死ね!アタシ!全部古いわ!古過ぎだわ!若者は何ひとつわかんねーよッ!


04/20/2021 火曜日
どーにもこうにも瞼が重くて・・・半日寝てました。

森繁久彌のエピソードに。

舞台の最前列のど真ん中で寝ている少女がいたので、この子を起こしてやろうとムキになって台詞を怒鳴っていたら。

その子は、目が不自由な少女で。
眠っていたのではなく、私の声を聞き逃すまいと必死に聴いていたのだ。

それがわかった瞬間、私はなんという思い上がった恥ずかしい人間か!と、泣いた。

その日の私の芝居は、目が見えない少女を寝ていると勘違いして、その少女に向かって怒鳴りながら台詞を吐き散らす芝居をした。舞台人失格、役者失格である。

ってなエピソードに私も泣いた。

何故だかこのエピソード、私の中に染みこんでるみたいで、年に数回思い出します。

何をきっかけにするのか?
いきなり、ひょっこりと思い出すんですよ。

そして、森繁久彌の人格の偉大さを感じます。

芸能界で長生きしただけのジジイなんかじゃない!つーコトで。

04/19/2021 月曜日
白内障が進行中なのでしょうか?
紫外線アレルギーだからでしょうか?

屋外に出るとやたら眩しくて、目が開けていられません。

おまけに、まだ花粉が飛んでいるらしい。

目玉大充血!
左上奥の歯茎もプクプクに歯肉炎!

粘膜がやられまくってます。

目薬さして、薬飲んで、夜・バレエレッスン。

発表会の練習で、2回ずつリハーサルできたのを1回で逃げ出してしまった私。(だって、体調極悪だし、踊りをまだ覚えてないし)

帰りの電車の中で一人反省しました。
しかし!今日の私の目標は「とりあえずレッスンを休まずにスタジオに行く」だったので目標は達成。

・・・・・・ハードルが低いわ〜・・・・。
だけど、私は知っている。長続きのコツ、それはハードルを下げるコト。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -