△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


08/15/2018 水曜日
朝5時半帰宅。意識朦朧で布団に倒れ込み。
11時半・起床。

1時・接骨院。両脚がゴリゴリ・カチンコチン!

身体の衰えは膝に出ますな。テレビCMで騒いでる通りですよ。

下山時、膝のクッションが効かず踏ん張れない!
10年前は下山が得意だったのに〜〜。登りに3時間かかる場合、下山は2時間ですむハズなのに・・・・今や登りと下りの時間が同じです。

夜8時・体育館。 体調が変だったので1コマだけ参加。

1年半ぶりにダンスおば様と再会。
彼女は70代後半だと思われるのですが、若い頃からダンス三昧で、1年半前に足首の手術をしたのでした。(大きな手術で入院3ヶ月。)

凄いなぁ〜体育館に戻ってきたよ〜〜。

踊りで作られた身体は何があっても踊り続けるしかないのかも。
私がさぼっているミゲルのラテンクラスにダンスおば様は参加していました。

(今、ミゲルのラテンは難しい上に地味に脚が殺されるので、疲れている時は参加できない私でした)

08/14/2018 火曜日
夕方から夜にかけて、このHPの日記を更新していました。

悩んで悩んで悩んだ挙げ句に赤湯で起きたことを素直に書こうと。

純クンのコトを書きながら、またもや号泣。

純クンはすーさん、接骨院の院長と同じ年。「おっ1986年生まれだねッ!この世代はみんな地味で真面目で優しいよね。親との関係もどこか、悟って受け入れてる感じがするケド、純クンは大丈夫?アンタんとこ家族愛が強いから・・・・・」。

ってなコトを言ったら。

「自分は山が好きだし、小屋の仕事も好きだから、継ぐのは何の問題もないんですけど・・・・ばあちゃん・両親からの結婚プレッシャーはキツイですね・・・・・」。

「うん、ありゃキツイね」。

「まぁ、気持ちはわかるんですけど・・・・人前で誰か良いヒトいないか?って騒ぐのはやめてもらいたいですね。放って置いてくれーーッ!ってなります」。

3,4年前、こんな会話をしたあたりから、「ぐっ」と距離が縮まりました。

そして去年。「彼女ができそうです。来週、彼女が上にあがってくるんですが・・・・母親が小屋の枕とシーツじゃダメだ!と言って、綺麗な枕とシーツを持たされました。恥ずかしいです」。

一同どひゃ〜〜。(聞いてるわしらも恥ずかしい〜〜)私&西田屋パーティ9人がこの話を聞いたのでした。

「来週までココにいて、覗きてぇ〜。コトの顛末を知りてぇ〜!」
やんや・やんや・ヒュウ・ヒュウ!

自分の気持ちを赤裸々に話すタイプの青年ではないのですが、西田屋さんには懐いてました。

純クンは家族の宝でした。

夜、いきなり西田屋さんからメール。
「今日、入籍したあばら&ヘルシーさんのお祝い飲み会が板橋であるけど、来る?」。

「行く」。(泣いていたのでマブタパンパンだケド)

上板橋の人間にとって「板橋」は微妙な距離。道さえわかっていれば下板橋から歩いていけるのですが・・・・。

迷子になりたくなかったので、埼京線で向かいました。

夜の9時から飲み会に参加。おめでとーボブボブ!

気がつけば10人で、近所のヒトのおうちに上がり込んで麻雀・将棋をしていました・・・・・・。な・・何?この状況???

電車がなくなったので、始発までテツマン。・・・・・な・・何?この遊び方???20代か?

死にました。ぐったり。




08/13/2018 月曜日
6時半頃、全員起床。
7時・朝ご飯。
9時・下山開始。途中、新潟県警の3人組とすれ違いました。
「赤湯から来たんですか?何か聞いていますか?」と尋ねられ。
「沢登りの・・・」と、言いかけたら。「赤湯についてましたか?」。
「いえ、小屋の主人が言うにはビバークして朝から動き出すだろうから、つくのは昼ごろなんじゃないか、と言っていました」。
「情報、ありがとうございます。気をつけて下山してください」。

しみじみ、つくづく、(ココ、山なんだなぁ〜)と、思いました。

さて、面白いハンドル名のあばら&ヘルシーさんですが。

このお二人、明日、入籍します!おめでとー。(同棲10年)

ホントはこの話を純クンにするつもりで、赤湯に来たのに話すチャンスがなくなってしまったと申しておりました。

今回、赤湯温泉・山口館の内情を書いてしまいました。
書くべきか、非常に悩みました。

でも、赤湯を知っている方や赤湯に縁がある山好きな方に知ってもらいたいと思い、書きました。

来年は大勢誘って赤湯に行くつもりでいます。

12時・下山
12時半・宿場の湯

ご飯を食べて、越後湯沢駅まであばら&ヘルシーさんを送ってから帰路に。

帰宅したのは7時過ぎでした。

08/12/2018 日曜日
今年の赤湯は西田屋さんのゲーム仲間(イングレス)3人。
去年も来てくれた、あばら・ボブさん(40代女性)、ヘルシー・ボブさん(40代男性)、初登場キャットさん(40代男性)と、西田屋&モコの計5人。

変な名前ですが、便利なハンドル名です。
名前を覚えられない私でも、「あばら&ヘルシー」は一発で覚えましたもん。(・・・・あばらさんを肋骨さんと言ったケドな)

8月6日に町にある山口館の自宅に予約電話を入れたとき。
毎年、明るく対応してくれるママさんの対応がちょっとおかしかった。「みなさん、お変わりはありませんか?」と私が聞いたとき。

「・・・・・それは上で聞いてください」だった。

(話好きで元気なママさんらしくないなぁ〜。でも、今、長女さんが赤ちゃんを連れて里帰り中だから忙しい時に電話しちゃったかな?)と思いました。

お昼12時・登山開始。

3時・山口館到着。「こんにちは〜今年もお世話になります〜」

なんか、変な雰囲気でした。ここ数年は4代目を継ぐ息子の純クンが出迎えてくれるのに。

パパさんの妹さんが対応してくれました。パパさんは西田屋&私の顔を見ようともせず、炊事場で仕事をしています。

妹さんは「いらっしゃい〜義姉からよく聞いてますよ〜。・・・・今年4月におじいちゃんが亡くなりまして・・・まぁ95歳でしたから仕方ないんですけども・・・・6月12日に・・純が」

と、言った瞬間、台の上に飾られている純クンの写真に気がつきました。お酒が供えてあ・・る・・・・。

頭の中が真っ白になったと同時に、涙がボロボロと出て来て号泣。

「義姉が・・・上で聞いてくれって言ったと思うんですが・・・それは、こぉゆうワケでして・・・・」

号泣する私と西田屋さんを見て、炊事場からパパさんが出て来ました。

パパさんが「2日前までいつも通りに元気で、純は赤湯で山仕事していて、毎日朝夕の無線連絡が来なかったから、オレが慌てて上がったら、アイツ、卵湯のトコで倒れてて・・・心肺停止してた・・・ヘリで搬送されて、司法解剖したらクモ膜下出血だった。今日は純が作った別館に泊まってやって」。

(山口館は去年、別館のリフォームをパパさんと純クンと仲間でやってた)

別館の縁側に腰掛けて私は泣いた。西田屋さんは黙って私の横にいました。ああ・・・この顔は見覚えある。声優の塩沢兼人さんが亡くなった通夜のとき。モコ・ママが亡くなったとき。モコ・オヤジのとき。・・・・・でも、今回は西田屋さんも相当キツイはずです。
だって純クンと仲良しだったもの。

純クンは4代目を継ぐ予定だった。去年、「西田さんにご報告があります」と言って、彼女ができそうですと語った。

今年は、その彼女とどーなった?と聞く予定だった。

その彼女とは来年の5月に結婚する予定だったコト。
来年は正式に山口館4代目主人を襲名する予定だったコト。

を、知って、また泣けた。

「親の、オレの半分も生きてないのに」とつぶやいたパパさんの気持ちを考えると胸が締め付けられた。

純クン32歳になったばかり。

彼を知る誰もが、来年に向けて彼を祝福する気満々だったのに・・・・・・。

常連客として15年。まさかの涙の赤湯温泉。

夕方6時、山小屋ご飯を食べていると、ヘリが飛ぶ。
3時か4時にも飛んでいた。
無線で沢登り3人組のうち1人が滑落して亡くなったらしい。

夜に残りの登山者2人が、赤湯に下りてくる可能性もあるケド。
パパさんが言うには、夜は動かないでビバークするハズだから、来るなら明日の朝から動き出して、赤湯に着くのは昼頃なんじゃないかと予想していました。

私の悲しみはさておき。
あばらさん、ヘルシーさん、キャットさん、西田屋さんは、もの凄い速さで大量の酒を消費!

ヘルシーさんは3リットルのビールをかついで山登り。
西田屋さんも日本酒をかついでたし。
キャットさんも何か持って来てたみたい。

11時に酒宴終了したらしい。(私は寝てた)

夜中12時半に私は目覚めてしまい、一人で卵湯。

ペルセウス座流星群!凄い!天の川まで見える。

夜中の2時まで、渓流沿いの露天風呂・卵湯でプカプカと浮かびながら夜空を見ていました。大きい流星が9個、小さい奴も10個ぐらい降りました。

こんなに悲しいのに、大きい流星が降るたびに「おー」と声を出す私。

赤湯に通って15年。ペルセウス座流星群が見えたのは2度目でした。

08/11/2018 土曜日
明日から「赤湯温泉・山口館」に1泊2日で行くので山準備。

苗場山の5合目にある赤湯は、夜、寒い。薪ストーヴに火が入る。

なので、山用ウールシャツを持って行こうと、タンスを開けたら・・・・。

ウール100%の高価な山シャツが!
虫に食われていましたーーーーーーーーー!やられたーーー!!!

アイツら、グルメなんですよ!
マジでお高いモノしか食べない。

登山服の中で1番お高いのは雨具。ゴアテックスなので3万円以上します。

で、次に高いのが冬山用ウールシャツなんですが・・・・。
やられました!ボロボロ。美味しくいただかれちゃったよ。この数年、冬山をサボってた私が悪い!行ってれば、使うので確認できたもん。

(タンスの奥にしまい込んでんだから、俺達が食べちゃってもイイってコトだよね?ムシャムシャ・・・・)

虫たちの声が聞こえてきそうだよ。こんちきしょう!

ポリエステル100%の秋用長袖シャツを持って行くコトにしました・・・・。腹立つわー。

08/10/2018 金曜日
暑い!暑すぎる!
あまりの暑さに何も出来ないダメ人間になっていました。

もう無理ッ!頭も身体も動かないんだから昼寝してしまおう!

3時から7時まで昼寝。

南の島の人々がぐ〜たらと怠け者に見えるのは、怠けているワケではなく、シャカシャカと動き回るコトができないからなのねぇ〜〜。

などと、考えながらゴロゴロしておりました。

私が小学生の頃は「うわ〜今日は32度なんだってよ〜暑いね〜」。

30度を超えただけで結構な騒ぎでした。

そ・れ・が。

「今日は32度で過ごしやすいわね〜」とか言っています。

今の時代に生きるチビッコ達は身体も暑さに強い子に変化するのか?それとも、日本も南国化して、のんびり・ぐ〜たらになっていくのか?気になります。

08/09/2018 木曜日
運動する中高年ボディとは。

運動するー筋肉痛・筋肉硬くなるーストレッチするー筋肉痛・筋肉硬くなる・・・の繰り返し。

運動すれば、少しは硬さが緩みますが、奥深い所の硬さはとれないままなので・・・・・。

結局、どんどん硬い身体になっていきます。
ストレッチじゃ緩まない!むしろ、ストレッチが原因の筋肉痛が出てしまう。

これで、私の尻はカチンカチンの鋼鉄の尻になっていまして。

尻が硬いと何が起きるか?腰が痛くなる。
開脚ができなくなる。後ろに脚が上げられなくなる。膝や足首が伸びなくなる・・・・・。足首・足の甲に痛みが出る。

バレエとしてダメなボディに変化します。

オモダルイ肉体。硬さと痛みがある肉体。これで運動をさぼりたい気持ちになりますが・・・・・。

私は今、ムッチリコロコロボディとの闘いのさなか!

さぼったら負けなんですよッ!
ええ、運動を続けていてさえもムッチリコロコロしていく年頃。
ほとんど敗北確定ラインの真上にいますが。・・・・・・・

運動とは諦めないこと!
(もう、いいのよ。もう・・・・)と諦める心と闘うこと!
諦めるのは簡単。
続けるのは修行。(修業じゃないのよ、修行なの)

そんな気持ちでバレエレッスンに行く私なのでした。




08/08/2018 水曜日
変なお天気。(台風接近中)

(処分する前にもう一度読んでメモしておこう)な漫画本を読んでいました。

「テレキネシス」 芳崎せいむ・東周斎雅楽

名作映画を紹介する深夜テレビ番組制作部のお話。
なので、古い名作映画が山ほど出て来ます。

「風と共に去りぬ」「オール・ザ・キングスメン」「スミス都へ行く」「エルマー・ガントリー」「荒野の決闘」「サンセット大通り」「大いなる勇者」「アスファルト・ジャングル」「ピクニック」・・・・。

ほう!と思ったのは1960年制作の「エルマー・ガントリー」(人を騙すことで生きている詐欺師が宗教団体の教祖の女性に一目惚れする話)を皮切りにニューシネマ時代に突入するコトでした。

映画界がベトナム戦争の影響を受けた時代。(その少し前の朝鮮戦争やマッカーシズムの影響も残っている)

フランスではヌーベルバーグ。
イギリスではフリーシネマ(伝統と娯楽精神を切り捨てる試み)とアライド・フィルム・メーカー(横やりを受けずに自分達の映画を作ろうとする試み)。

世界の映画界でいろんなコトが起きました。
戦争とテレビの影響が大きい。

日本でも「活動か?テレビか?」な時代があったしね。
今は「テレビか?ネットか?」だしね。

オタクとしては、ジョン・ヒューストン監督の「アフリカの女王」とクリント・イーストウッド監督の「ホワイトハンターブラックハート」を見ておかねばならん!と思いました。

イーストウッドの「ホワイトハンター・・・」は「アフリカの女王」撮影時の暴露話映画になっていたらしい。

クリント・イーストウッド・・・映画オタクだったんだね。つーか、ジョン・ヒューストンが憧れだったらしい。

08/07/2018 火曜日
東京ゲゲゲイの舞台DVD「ASTERISK・Goodbye,SnowWhite新釈・白雪姫」を見ました。

原作・中村うさぎ

自分の中のお姫様を殺して美魔女になった女のお話。

歌、踊り、美術、演出・・・全部素晴らしくて、どハマリしましたー。

まさか、泣かされるとは思わなかった。
喜劇の中の悲劇。せつないのよ〜〜。大笑いもさせてくれるケド。

オカマだわ、これ、オカマ芸なのよ。

オカマ、それはバケモノとして人に笑われるケド・・・人に笑われるのをある意味、仕事にしてるケド。心の中では泣いているの。

そして、結婚も出産も犠牲にして女優をやるバリキャリ女の話でもありました。

(女の幸せって・・・一体何?)

まぁ、ここが中村うさぎなんですが。

それにしても牧宗孝という人の才能に驚きました。とにかく凄い。





08/06/2018 月曜日
3週間ほど前から左上奥歯の根っこが腫れていまして。
1週間前から、歯茎おできちゃんに移行しまして、小出しに膿が出ている状態。

で、本日、毎月のクリーニングにて歯医者。

膿を掻き出されました!ベトベト・ネトネトした塊が出たよ。

内出血したり化膿したり炎症を起こしがちな私のボディ。

そして加齢。・・・・・・・何かと、加齢とか不定愁訴とかいう言葉で片付けられがちですが、どーなのよ?この言葉。誰が使い始めたのよ?医者に都合が良すぎる言葉じゃありませんか?

肉体観察マニアとして、己のボディを観察しています。

油断すると丸くなる背中・腰。肩が上がって短くなる首。
ポコポコと出て来るお腹。たるんで縮緬みたいな皮膚。・・・・・・。
そして、何故かでかくなる顔!

何故、顔が大きくなるのだろう?

少年・少女の細面はいつ失われてしまうのだろう?

40代の頃、よく男の友人に「アンタ、頭蓋骨の形から変わってない?頭と顔がでかくなったじゃん!」などと言っていましたが。

はははは。私も始まってたよ。

「ずんぐりむっくりころころ」との闘いが始まりました。

夜、すーさんと体育館。

すーさんもフラ・フープと闘っていました。「ひぃ〜もーやだ!回せらんない〜〜〜」。まさか、体育館のクラスでフラ・フープを使う運動をさせられるとは思わなかった2人でした。

08/05/2018 日曜日
午前3時半まで、濃過ぎるROCK話を聞かせられた私は、興奮して寝付けず。

ちょこちょこと後片付けしながら思い出にふけっていました。

ピテカントロプス、ツバキハウス、インクスティック、第3倉庫にレッドシューズ・・・・ナイロン100%・・・・。

10代、20代始めの頃に跳ね回っていたお店。

今、50代後半から60代のミュージシャンやデザイナーやカメラマンと話すと、たいていどこかの店で繫がる。

普段は忘れていて、ごく普通に中年オバサンとして生活しているのに、54歳の私の中には、確かにROCK少女が少女のまま住んでいて、何かの拍子に飛び出てきます。

10代の頃に好きだったモノは一生好き。
そして、その人の人生に関わり続ける。が私の持論です。

08/04/2018 土曜日
朝から掃除。ごちゃごちゃした物を隠す!に走りました。

夕方6時。講談社の編集女史さんと田中圭一先生との対談原稿の確認を30分ほどしまして、そのまま屋上花火大会。

お客さん8人。みんな50歳過ぎ。

食べないったらありゃしない!

・・・・・まぁ、西田屋さんのBBQに来る人達がよく食べる肉食獣なので、私の感覚が狂っているんだと思いますが。

(そうか、普通の50代が食べる量ってのは、こんなもんなのか?)

と、ゆうワケで大量に肉が余りました。

10時・花火のお客さん退場。

2階でだらだらしたいお客さん2名(カメちゃん・チェリーさん)とロック話。

今、要チェックなバンドから話は始まって。東京タワーにあった蝋人形館の話に飛んで。
ジャーマン・プログレのアシュラ・テンプルやらクラウス・シュルツの話になって。
1980年のポプコン話。それから、ゲルニカ、東京タワーズ、ニュートビート、鈴木ケンジの話に移行しました。

濃過ぎる話が午前3時半まで続いたのでした。

ぎゃー!脳みそ爆発しそう。

08/03/2018 金曜日
午前中から2時まで掃除。

「第15回 世界バレエフェスティバル」 東京文化会館

Aプロ、Bプロ、ガラ公演と3種類あります。
3年に1度しかやらないので「バレエのオリンピック」と言われている世界的にも希有なビッグイベントです。

A、B、ガラと3公演全部見るヒトもいますが。
貧乏なワシはAプロをE席で見ました。一番安い席で8000円〜!パンフレット3000円〜。うぎゃー。

最初は(今回は見送るか)と、思っていたんですが・・・・。
やっぱ気になる!一番悪い席でもいいから見ておこうっと。で、行きました。

行って良かった。でも疲れた。6時〜10時半でした。錚々たるメンバー。バレフェスでなければ見られないゴージャスさ!

それにしても疲れた・・・・バレフェスを見る体力があるならロックフェスにも行けるんじゃないか?(いや、やっぱ無理か)

世代交代を感じた舞台でした。

08/02/2018 木曜日
夕方まで掃除。
4日はうちの屋上で「花火大会を見る会」なのに・・・2階の本棚整理のせいで、家ごとグチャグチャ状態。

(なんで、本棚整理を花火大会の前に始めちゃったのかしら〜大失敗)

夕方、慌てて接骨院。それからバレエレッスン。
帰宅して、掃除の続き&晩ご飯。

明日は「世界バレエフェスティバル」。うぉー掃除をしている時間がない〜〜〜〜。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -