△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


11/12/2019 火曜日
人生初!「町内会旅行」

人数が集まらないとかで、ご近所さんに声をかけられまして。
「25人以上にならなければ、来年から町内会旅行は止める!」
だそうで。

若い人が誰もいない!だそうで。

町内会費を払っているなら行かなきゃ損よ!5000円で15000円ぐらいの日帰り旅行ができるんだから!

で、参加する事になったんですが。

だいたい町内会旅行ってのは、最初から働いている人は参加できない日にち設定です。

老人会の1泊2日旅行もあるらしく、それがどっちも秋だと、参加者はどちらか1つにしょうとします。

町内会と老人会の横のつながりがないので、たびたび旅行の時期がぶつかるようです。

「伊豆日帰りツアー」 34人集まりました。朝7時半出発
行った場所は「沼津御用邸記念公園」を見学して「フルーツパーク」で昼ご飯食べて、伊豆長岡のみかん園でみかん狩り。(伊豆なの?そこは伊豆なんですか???)
とにかく天候に恵まれまして、富士山・富士山・富士山〜〜。わーいわーい、富士山が大きく見えるというだけで気持ちがアガるわ〜〜〜。

そして沼津御用邸。明治天皇が大正天皇の静養のために造られて、
昭和45年に下賜されました。
石灰岩の「さざれ岩」が展示されていました。

日帰りバスツアーだと、「50分後に集合してくださーい」。
・・・・・・・・私はじっくりゆっくり見る派なので、時間が足りません。
みんなは20分足らずでサササーと見学して、あとはお土産屋さんで30分使う。そして土産物屋のレジが大混雑〜〜。

私は御用邸の説明パンフレットを買おうとしましたが、レジ待ちをしていると集合時間に間に合わなくなるので諦めました。

フルーツパークにて昼食。
金目鯛の釜飯と鍋焼き天ぷらうどん・・・・・・・。ご飯とうどんかいー!美味しく頂いて完食しましたら・・・・。

みかん狩りのみかんは、その場でデザートとして食べるだけでしたーーーー!!!

みかん狩りと言えば、採って袋に詰めるのだと思っていました。
その場で食べる分だけだと事前に教えておいてよーー。
今、私は満腹だよッ!

午後2時・小坂みかん狩り園。山でした。
ここでも、1時間。

私は満腹にも関わらず4個みかんを食べました。ゲップー。

町内会会長からみんなにお土産で「あじと金目鯛の干物4枚」を頂きました。

日帰りバスツアーはトイレ休憩と土産物屋に寄る時間に追われる急げ急げ旅行だと知りました。

旅行の趣味がない私には新鮮でした!ぐったり。

11/11/2019 月曜日
掃除・洗濯。ウルルのご飯とトイレ砂の買い出し。

9日発売の文庫本「白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月」の3、4巻を購入しまして、先月から私は十二国記シリーズの世界に埋没中。

世界観が古代中国チックなので、人・土地の名前が読みにくいったらありゃしないんですが、物語の面白さに引き込まれると、そんな事は気にならなくなります。

私にとって本を読むことは、友人の近況をおしゃべりで聞くのと同じぐらいに身近です。

本の中の人物達の人生と。映画の中の人生と。
友人達の人生と。

さまざまなキャラクターと人生を知るたびに、私もその人の人生を生きるような気がしますし。

その人生を背負うような気すらします。

一緒に笑って一緒に泣いて。

きっと役者さんは、そぉゆう気持ちになるからやめられない仕事なのだろうと思います。

他者の人生を知り、一緒に伴走している気持ちになる。
だから映画、小説、漫画は面白い。

そして、同じ映画や小説でも、見る度に読む度に感想が変わるのも面白い。それは私自身に変化があるから。


11/10/2019 日曜日
お昼・いたばし農業まつり(下赤塚)を見てから西田屋さんの畑に行ったり、北町のおでん種屋さんに行ったり(休業日だった)。

昨日の晩ご飯は西田屋さんが「おでん」を作ってくれまして。
そのおでん種が美味しかったので、「どこのお店で買ったの?」と、言う事で今日、見に行ったのでした。

おでん種だけを手作りしているお店。

昔はほうぼうにあったケド、今はもうココだけです。

いつの間にか静かに閉店していたサンドイッチ屋さん、お豆腐屋さん、銭湯・・・・。
町の風景は変化していく。変わらないモノはない。

農業祭りで昔の板橋の写真が展示されていました。
赤塚周辺には水田だけじゃなく、ぶどう園もあったんだねぇ〜。

私が子供の頃は周りは畑だらけでした。
蚕を育てていた私は、近所の農家さんによく桑の葉をもらいに行ってました。
サンシティ周辺は、山と広大な原っぱで、高島平団地は水田地帯でした。

昭和40年代の板橋。

11/09/2019 土曜日
昼過ぎ、みほちんが三毛子猫のウルルを見に来ました。

人懐っこいウルル。一瞬、(アンタ誰?)になりましたが、スグにみほちんにいじられまくってました。

ガブガブガブ・ケリケリケリッ!

「ひゃ〜〜ウルル、お客さんに暴力を働くのはやめてぇ〜〜」

みほちんも猫を飼っていたので、全然へいちゃらで「わはははー暴れるが良いぞー」と言いながら抱っこしてます。

成長期の子猫は身体がくにゃくにゃに柔らかい。

夕方まで猫いぢりして、2人で巣鴨にお散歩に行きました。

11/08/2019 金曜日
お昼・バレエレッスン。
(休んでしまったレッスンの振り替え)

発表会が終わると、1,2週間は休む生徒さんが増えます。
受験や引っ越しで退会する生徒さんもいます。

習い事の発表会は大きな区切りだからねぇい。

発表会後でスタジオの空気はのんびり長閑でした。

発表会での自分の踊りは兎も角。
55歳でクラシック・チュチュを来てトウシューズで舞台に上がった事を面白かった思い出にしょう。

マジで減量したし。
その減量のせいで筋肉量も減ってうまく動けなかった・・・・。
と、いう事も経験したし。

動けるデブか?動けないヤセか?の二者択一ならば、私は動けるデブを選択します!
踊りですから動けてなんぼ!なんですが。

バレエの美意識は、「動けるヤセ」なんですよう〜。

とはいえ、大人から始めるバレエは美意識より元気に楽しくバレエをする!が、最優先!

また一から出直しますワー。七転び八起き!

11/07/2019 木曜日
昨日、検査でバリウムを飲んで、下剤を飲んで、6時間後にバリウムは出たのですが。

今朝もバリウムうんこが出ましたーーー。
カタチのない白い物体が今朝は「白いうんこ」になってました。

うんこを眺めながら、(そーいや昔、宿便ブームや解毒ブームがあったケド、今でもそれにこだわっている人っているのかしら?)

大腸にこびりついている宿便。
毒素が溜まって体調が悪くなるから解毒。

私はかつて「健康オタク」だったのでよくわかる。
健康オタクは心の病気。

生野菜は食べないとか、温野菜にして何グラム摂取するとか、
インスタントやレトルトや冷凍食品は食べないとか・・・・・・。

禁止事項だらけ!
「健康」というワードで自分の生活を縛り上げる。

何やってんのアタシ?馬鹿なんじゃないの?もっと自由に自分を解放しなよ!

と、思ってもスグには「健康オタク」からの呪縛からは離れられませんでした。身体のために毎日食べている食品がルーチン化して、
それをしないではいられない状態に・・・・・。

心が病んでいる。

健康オタクから脱出するのに2年かかりました。

まぁ・・・・健康オタクから身体を動かす「筋トレオタク」に移行しただけなんですが。

甲状腺の病気を経て、筋トレオタクからも離れました。

バレエと区立体育館で丁度良い運動量だと思っています。

11/06/2019 水曜日
9時・病院。
今まで私は「区の検診」を受けていましたが、今年から西田屋さんの会社の「家族検診」になりました。

ガッツリ、バリウム飲んだ。ちょびっとゲップ出ちゃった。ケプケプ。
ガッチリ、おっぱい挟まれてぺちゃんこにされた。点状出血した。
パックリ、おまたに器具入れられて細胞をこすり取られた。

と、しっかり検査されたので、終わったのは11時過ぎでした。

はぁぁ〜〜〜検査疲れ〜〜ぼんやりぐったり。

三毛子猫のウルルは尻尾の先が8センチ近く濡れてました。

(まぁ尻尾が長い子だから、どっかで濡らしてきたんだろう)と最初は思っていましたが・・・・・・・・。

自分でチュクチュクとしゃぶってましたーーーー!
両前脚で自分の尻尾をかかえて、おしゃぶりしている姿は人間の赤ちゃんのようで可愛いんですが。

ダメェ〜やめて〜尻尾、禿げちゃう〜〜。
チュクチュクするなら、タオルとかクッションの端っこにしてぇ〜〜。

無理矢理、口から尻尾を出させると。
ズルズルズル・・・・「アンタ、何センチ、尻尾を飲んでんのー!?」

尻尾の先っぽが濡れて野菜のオクラみたいになっています。

尻尾をしゃぶりたいウルルと、それを止めさせたい私との攻防が始まりましたーーーーー!

止めさせようとすると唸り声を上げて噛みついたり引っ掻いたりします。

人間の赤ちゃんの親指しゃぶりと同じで、大きくなったらやらなくなるのかなぁ〜。しっぽしゃぶりする猫、初めてなのでわからなーい。

11/05/2019 火曜日
掃除・洗濯。

山で採ったむかごで「むかごごはん」。
自然薯のとろろをご飯にかけて山かけむかごご飯にして食べました。

昨日、西田屋さんは自然薯の処理をしてくれました。
私は、天然なめこを処理して「きのこ汁」を作りました。

山で採れた「天然モノ」のきのこは「虫出し」の処理が必要になります。食塩水に一晩つけておくと・・・・・・ふふふ、出るのよ、ヒダに隠れていた黒いチビちゃんとか白いチビちゃんが!クネクネっとな!

天然なめこと栽培されたヒラタケのきのこ汁!
きのこから出るダシって凄いんですよー美味しいんですよー。

西田屋さんがラーメン屋の大将とワイルドなアウトドア遊びをするようになってから、我が家の食卓もワイルドになりました。

大将、山菜とか採取するのは大好きだけど、食べる準備は嫌い。なので、過去に45リットルゴミ袋いっぱいの山菜を頂いたときは茫然としました・・・・・。重曹でアク抜きしまくったよ。家にある大鍋フル稼働。

と、いうワケで私の食の知識は山遊びのおかげで随分と変わりました。・・・・・・・・そのうち鹿とか猪を捕ってきやしないか・・・ちょっと不安です。

11/04/2019 月曜日
西田屋さんは畑。

私は猫トイレとお風呂掃除。

実はモルが死んでから、モルが使っていたトイレを洗えないでいました。最後にしたうんこが愛おしくて・・・・。
そして、トイレの壁についた汚れも。

モルのつめとぎを処分するときは泣けた。
今でも泣ける。

でもウルちゃんが嵐のようにやって来た。

子猫が欲しくて保護猫情報をチェックしたり、保護猫のネコカフェに行ったりしてました。

保護猫カフェのボランティアスタッフさんが、ペットショップから来た障害猫の世話をしながらポツリとつぶやいた一言。

「世の中から純血種なんてなくなればいいのに」

私はゾッとしました。
(すいませーん、私、純血種のペットも大好きでーす)

愛玩動物ですからーーー。犬猫金魚と家畜は人間が作ったイキモノですからーーー。愛でるために。食べるために。

人間ですいません。

セレクトブリードされた純血種に遺伝障害が起こるのを嫌っての発言だと理解できますが。

うちに来たウルルちゃんにも障害はあるよ。
たぶん、生まれは野良だケド。
誰かに飼われてた気配があるケド。
純血だろうがミックスだろうが一定の確率で障害は出るよ。
それは犬猫に限ったコトじゃない。

猫を愛しすぎて、猫にこだわりすぎて、寛容さを失い偏狭にならないでぇぇ〜〜。だってアナタは人間なのだから。

つーか偏狭なヒト目線から猫を見るなよ!
猫様に失礼だろッコラ!と、私は思ったのでした。

夜、山で掘った自然薯を西田屋さんがすりおろしてくれました。
美味なり!





11/03/2019 日曜日
午後2時・駒込・古流会館

西田屋ママリンの社中展

ママリンの華道歴は長い・・・・たぶん私の人生ぐらい・・・。
ひゃ〜〜〜〜。

何事も辞めるのは簡単で。
辞めずに続ける事は大変です。

社中展に来ていた西田屋バンビ兄・理華ちゃんを車に乗せて、
我が家の新猫ウルルを紹介しました。

ウルルは全く人見知りしません!
「何何?誰々?撫でて撫でて、匂わせてー」ふんかふんか。

子猫として、「何でも囓りたい、カジカジ期」に突入中のウルル。

お客さんに乱暴を働かないかとドキドキしましたが・・・・・。
ちゃんと猫を被って可愛らしくしていました。むむむむ。

ウルルめ、借りてきた猫をやってやがる。
本当はもっと悪い猫なのに・・・・・。本当はもっと凶暴なのに・・・。

ウルルは丸めた新聞紙が大好きで、「とってこい」をやります。

「ポン・ポン・ポーン」と掛け声をかけて、丸めた新聞紙を投げると走ってとってきます。

投げて欲しいおもちゃがあると、咥えて私のところに運んできます。

蘇る記憶。
ああ、シャム猫のセピちゃんとシャム猫のチビちゃんが、とって来るにゃんこだったわ〜〜〜。

でも、この遊びは子猫の時はやってたケド、大人になるとやらなくなったりもします。大昔にいたシャム達は大人になっても、この遊びが好きでした。(シャムは猫界の「犬」と呼ばれています)

果たしてウルルは大人になっても「とってこい」をする猫になるのか?結論は数年後〜〜。


11/02/2019 土曜日
新潟県・魚沼市・小出

毎年行く「自然薯掘り」に今年も行きました−。
いつもは10月なんですが。

朝5時、車で出発。
今年はずっと暖かい日が続いていたので、油断しまくりました。

新潟はちゃんと冬だった。(秋なのか?)
それとも、今日は関東にも冬が来たのか?

この自然薯掘り
ラーメン屋の大将が、自然薯が生えてる山を見つけて、その山の持ち主さんに承諾を得て、山に入らせてもらっています。
山の持ち主さんは山の下に炭焼き小屋を持っていて、その小屋に集合します。

現在は山の持ち主さんは高齢になり、炭焼き小屋の管理をご近所さんに任せていますが・・・・そのご近所さんも高齢者です。(85?6歳?)

そして自然薯掘りメンバーは、このご近所おじいちゃんから「コシヒカリ30s」を買っているのでした。

去年はどしゃ降り雨の中の芋掘りでしたが、今年は良い天気〜。赤とんぼが飛び回ってる〜。

藪を漕いで山の中。
男性は自然薯掘り。私はむかご採り。

大きな網を持ってむかごがついている蔓を引き寄せて採るのですが・・・・・・。

網のなかにアマガエルが何匹も入ります。
池がある山なので、カエル天国なのはわかるんですが。

木の上だよ?
アマガエルの休憩場所は、蔓とか木の葉っぱの上らしい。
むかご採りでアマガエルまみれとは!

みんな寒さにやられて、3時半撤収。
夕方、温泉に入って、お米を買って、私達夫婦は帰路につきましたが、他のみんなは1泊します。
炭焼き小屋、寒いのに・・・・。(車で寝る人もいる)

山と小屋の持ち主おじいちゃん、管理を引き継いだおじいちゃん、今年もお世話になりました。秋なすをたくさんいただきました。

11/01/2019 金曜日
西新井大師

後縦靱帯骨化症のKOKU−CHANさんと彼の車椅子介助のお友達さんと3人でお散歩。

待ち合わせ場所を西新井駅だと勘違いした私は、バスで西新井大師に行き、徒歩で西新井駅に行き、待ち合わせ場所は西新井大師駅だと知り、徒歩で戻る!

・・・・・・すんげ〜〜〜歩いた〜〜。

KOKU−CHANさんは元気そうで良かった。

後縦靱帯骨化症(OPLL)とは

背骨の中を縦に走る後縦靱帯が骨化して脊柱管が狭くなり脊髄や神経が圧迫されて感覚障害や運動障害がおこる難病です。

KOKU−CHANさんと出会わなければ、そぉゆう病気があると知らなかっただろうと思います。

・・・・・そーいえば全然連絡をとってないケド・・・ウィルソン病の知人は元気なのだろうか・・・?
この病気も、銅が体内に蓄積することで脳・肝臓・腎臓・眼が冒される難病です。

彼はウィルソン病なのに大酒飲み!肝臓ボロボロ。
(お〜〜い、生きてるか〜い)

10/31/2019 木曜日
午後・歯医者。

今回の発表会、私は歯抜けで舞台に上がりました。
本日、仮歯を装着。

沖縄の首里城が燃えるニュース映像を、何とも言えない気持ちで見ました。

池永永一の小説「テンペスト」。私はNHKのドラマで見ていたのですが、面白かった。沖縄の音楽と舞踊は素晴らしいです。
私はまだ一度も沖縄に行った事がありませんが、「山羊汁」は食べました。

恐ろしい汁でした。
山羊肉も恐ろしいニオイがしますが、そのニオイを打ち消そうと大量の生ヨモギが乗っていて、それが口の中で戦争します!

春菊好きな私ですが、春菊を生でモリモリ食べれないのと同じで。

蓬(よもぎ)も生でモリモリ食べられません。
なのに、これでもかーーー!と、いうホドに生ヨモギが汁の上に乗ってます。

人生初山羊汁はオエオエとえづきながら食べました。
食べ物には「慣れ」と「味を知る」があるので、もう2,3回経験してからではないと、「山羊汁」を評価できないなぁ〜と思っていますが・・・・・・。

恐ろしい汁です。

ストーンズの「山羊の頭のスープ」を思い出しました。
でも、あのアルバムのジャケットは黄色で綺麗な貴婦人の頭部だったよな・・・・。

チャンスがあれば食べてみて〜〜〜。

10/30/2019 水曜日
なんだろう・・・・このボンヤリとした虚脱感・・・・。
発表会の疲れが時間差でやって来たっぽい。

洗濯とHPの更新だけで夜になってしまった〜〜。

肉体疲労で夜、体育館を休もうかと迷いました。
が、このまま体育館での運動をサボると、1日がボ〜〜ッとしたまま終わってしまう〜〜。

何かひとつ、「行動」しなくちゃ〜!

と、思って体育館に行きました。

足首の手術を終えて(長い入院生活)復帰したダンスおば様。
腰痛で4年休んで最近復帰した常連さん。

インドア派の私は、家にこもってボンヤリ・ボ〜〜〜ッとすることが好きで得意ですが。

だからこそ、外に出て「刺激」を受けねば!と思います。

「行動」と「刺激」。
それは「人間関係」ですから良いことも悪いことも起こりますが、
悪いことも刺激として必要なのだろうと思います。

悪いことが解消・改善される喜びは、「普通に良いこと」より大きかったりします。

ってなコトを感じる今日この頃。


TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -