△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


03/27/2020 金曜日
午後2時過ぎ。
すーさんと前野原温泉「さやの湯」に行きましたー。

みんなが自粛しているこんな時期に。こんな時期だから?。

地元民として歩いていける距離にあるんですが。

もの凄い人気で、とにかくいつ行っても大混雑で有名なので、私はビビって行ったコトがありませんでした。だからこそ、今日は空いていると見込んで行きました!!地元民のチャンス到来。

超人気で大混雑な練馬・桜台の銭湯「久松湯」もすーさんと行った日に台風が来ていてガラガラに空いていたコトがあったな。
すーさんと行くとラッキーなのかな?(台風の日に行ってて何言ってやがるんだ私)

そして、本日「さやの湯」はやっぱりガラガラに空いていました。(明日から休業)

ここは銭湯じゃなく温泉施設。お値段890円。

いや〜素晴らしい!食べてないけど、お食事処のお値段も安い!そして美味しいと評判です。だから人気があって混んでるんだね!

露天風呂が最高なんですが・・・・・塩っぱい水に浸かれない私。
東京の温泉は大抵塩辛いから入れません。でも好きだし楽しいから行く〜〜。下戸で一滴の酒も飲めませんが飲み屋が大好きなのといっしょ〜。

すーさんが露天風呂や寝風呂でトドのようになっている姿を室内の炭酸風呂から眺める私。

蒸し風呂は「桜の葉」の香りでした。
入り口に塩が置いてあって、みんな塩を身体になすりつけながら蒸し風呂を楽しんでいます。

もちろん、私は塩を使わず蒸されているだけです。

(し・・塩で身体を揉みしだくだなんて!あなた方は塩揉みキュウリなんですかッ!)
こんな私は当然、海で泳げません。
死海でプカプカ浮かぶ時、私はもはや死体確実。

久しぶりにサウナにも入っちゃったよ!

別料金で岩盤浴もできるんだけど、体力的に無理です。
お風呂って体力使うから。お風呂だけでも大満足!
庭園も素敵でした。

こんな時しか来られないであろう男子高校生とか大学生がいました。女湯も若い子が多かった。

2時間お風呂で遊んで帰宅しました。

03/26/2020 木曜日
週末は不要不急の外出を避けるよう自粛要請が出ました。

三毛猫・ウルルが枯れた猫草を牛のように食べている姿が悲しすぎて、猫草を買いにイトーヨーカードーの花屋に行きましたら。

タイミング悪し!猫草は売ってたケド、種を植えたばかりの鉢でした。日当たりが良ければ2,3日でメキメキ生えてくるんですが。

仕方なくそれを買い、用事はないけど、食品売り場を覗いてみたら・・・・・・・。

インスタントラーメンの棚が空っぽ〜〜。
米の棚が空っぽ〜〜。
そして、レトルトカレーの棚の前で買い占め夫婦を目撃!
(あんたら、週末家にいるだけなのに、そんなにレトルトカレーを買ってどーする?。お値段も安くなってないのに!)

やはり手軽に食べられるものがなくなるんだね。
パン、納豆、豆腐もなくなっていました。

これを見て、(私も買わなきゃ!)と焦りが伝染するんだろうな。

私は何も買わず店を出ました。まだ生えてない猫草の鉢だけ持って、家のすぐそばの「まいばすけっと」に行ったら、平常通りでした。

なんだろう、この差は?
なぜ、まいばすけっとは普通なのにイトーヨーカドーは空っぽになってしまうのだろう???

本当に必要な牛乳と卵を買いました。

夜、バレエレッスン。
この春、大学生になるMちゃんがバレエスタジオ卒業。
小学生から知ってる子がいなくなるのは寂しいよ〜ん。
子供は7年経てば大きく変化して大人になるケド、中年は7年経っても中年だ。

のびしろゼロの私ですが、「雨垂れ石を穿つ!」です。

03/25/2020 水曜日
区立体育館の休館が伸びました。4月15日まで・・・・・。

体育施設に頼るなと。
家の中でストレッチしろと。
家の階段で踏み台昇降しろと。
近所をジョギングしろと。 そぉゆうコトなんですか〜〜〜。

水曜夜クラスのバレエレッスンに飛び入り参加しました。
先週に引き続き今週も。

子供と一緒なので、汗だくです。
体幹が弱くなった自覚あります。(そーいや腹筋さぼりまくってた)

貧弱で軟弱でポヨポヨです。
七転び八起きで、また1からスタートです・・・・・。

03/24/2020 火曜日
お昼・接骨院。
接骨院は平常通り。

12日にヘアカットと白髪染めに行った美容院は接骨院の3軒先にあって、美容院の先生もこの接骨院の常連さん。

美容院は撃沈だそうです。
かき入れ時の卒業入学シーズンにお客さんが来ない。
「こんなにヒマなのは、美容師になって初めてですよ〜〜ヤバすぎる」と言っていました。

そういえば、近所の小学校が静かに卒業式をしていました。

歴史の中で人類は天然痘、ペスト、コレラ、スペイン風邪を経験しました。病気の流行はそのまま交通システムに乗っかります。

5〜8世紀の天然痘はインドから欧州・中東、そして日本に。
シルクロードを経て入りました。

14世紀のペストはモンゴル中央アジアから、シルクロードを経て欧州に入りました。

16世紀の天然痘は、スペイン艦隊が船でアメリカ大陸に運びました。スペイン人は天然痘の抗体を持っていたのでへいちゃらでしたが、メキシコ、ペルーの原住民はほぼ絶滅。
アステカ王国とインカ帝国が滅亡しました。

19〜20世紀のコレラはインドから中東、アフリカ、アジアに広まりました。映画「ベニスに死す」は主人公アッシェンバッハ先生が美少年を眺めつつコレラで死ぬお話でした。(こう書くと身も蓋もないわね)

交通が発達しまくった現代。
ウイルスに国境はないです。



03/23/2020 月曜日
掃除。
一日中家の中。

自分のパソコンが壊れているので、西田屋さんのパソコンを使ってHPの更新をしています。

まぁ、もともとPCにくわしくないし、好きでもないので、必要最低限の事しかしません。

この1ヶ月、私は録画した映画や海外ドラマ漬け。

テレビのワイドショーとSNSから距離を置いて暮らしています。

SNSはバイラル(感染的な)メディア。拡散される事を目的としたメディアです。

誰かが嘘・偽りを流せば、どんどん広がる。
しかも情報の受け手は(この情報は大切だからみんなにも教えてあげなくっちゃ!)と、良心で拡散。自覚がないまま情報の受け手が流す側になります。
もしくは友達だからで拡散。

テレビも冷静に正しい情報だけを流せばいいのに、無駄に不安を煽るので。

精神が不安定で怒りっぽくなる人、続出!
おまけに、その怒りは正しいとばかりに振りかざす!

アンタのその正義っぽいものは本物ですか?
振りかざす行為が気持ちいいからやってんじゃないんですか?
その正義っぽいモノを振りかざす事は暴力じゃないんですか?

と、言いたくなるような事件が多くなった気がします。




03/22/2020 日曜日
洗濯。

何気なくつけたテレビのチャンネルに釘付けになりました。

黒人ダンサーばかりを集めたアルビン・エイリー舞踊団の副芸術監督は日本人でした。

茶谷 正純さん

引退するまでのドキュメンタリーでナレーションが黒柳徹子さん。
そして黒柳徹子と茶谷正純は1971年にNYにいて、ご飯仲間。

アルビン・エイリー舞踊団を知らなかった自分に驚いた!
エイリーは1989年にエイズで亡くなっていました。

このカンパニー素晴らしい!ダンス技術が凄い!ダンサーの矜持・誇りも高い!
あまり使いたくない言葉だが、ここで使わないでいつ使う!「エモい〜〜〜エモ過ぎる〜〜」。

私は、クラシックバレエ以外のダンスシーンもそこそこ知ってるつもりでいました。

井の中の蛙大海を知らず

踊りの世界は広くて深いねぇ〜。はぁ〜驚いた。

夜、酢飯でちらし寿司を作りました。
それを半分、海苔で巻いて、手巻き寿司でも食べてみました。
美味しかった。



03/21/2020 土曜日
掃除。

夕方、チェリーさんが遊びに来ました。
平和公園で軽くお花見。
2時間後、家飲みに移行。

11時半、チェリーさん退場。
西田屋さん爆睡。

私は録画した「ハリウッド映画の一世紀」を見ました。

資金が潤沢なMGMはグレタ・ガルボ、クラーク・ゲーブル、スペンサー・トレイシーなどの大スターを使って大作を作れましたが。

貧乏なユニバーサルはスターを雇えません!
だからホラー映画を作りました。ドラキュラやフランケンシュタインです!あんなに売れて有名になったベラ・ルゴシもボリス・カーロフも映画界の中ではスター扱いはされませんでした。

どの世界にもヒエラルキーな格付けがあります。

ホラー映画は低俗でした。

日本の芸能界も1歌舞伎役者、2新劇役者、3演歌歌手、大物歌手、売れっ子アイドル、4お笑い芸人、5文化人というギャランティのヒエラルキーがあります。

私は漫画界のヒエラルキーの中では最下層です。
エロ劇画出身でギャグ作家で4コマ。

最近は、新聞での1コマ漫画を見かけなくなりましたが。
政治漫画が高尚だった時代があります。
岡本太郎のパパ、岡本一平が有名です。

1枚絵のカトゥーン(時事風刺漫画)から、手塚治虫になるまで、間に有名な漫画家がいるんですが、私はくわしくありません。

70年代の子供ですから〜。
手塚漫画でさえ古い。バリバリ漫画黄金期に多感な少女でしたよ!

話が逸れました。

クラシック音楽界では、バレエ音楽は低俗だと思ってる人がいるように、どの世界にも格付けがある。

でも、これからの時代は「そんな格付けがある事を知らない若者の時代」です。

格付けを知っている自分が馬鹿らしい。
くだらない。

これも時代なのでしょう。
私が尊敬するイラストレーターの小松崎茂先生でさえ、自分がイラストレーターである事を恥じておられました。先生は日本画家が絵描きとして頂点だという呪縛がありました。

03/20/2020 金曜日
春分の日。

不要な外出は避けるムードの中、西田屋さんと花見を兼ねたお散歩に出かけました。

城北中央公園から石神井川沿いを練馬方向に歩きました。

ぽかぽか陽気。
「お花見は歩いて済ませましょう」と、言われても。
たくさんの家族連れが、シートを敷いてお花見ご飯。

人混み行楽地に行けないのだから、これぐらいは許してくださ〜いな感じ。

けっこうな人出。桜は2分咲き。木によっては5分咲きでした。

あと少しで「としまえん」。
よく歩きました!

夕方、帰宅して、遅いお昼ご飯なのか?早い晩ご飯なのか?
ご飯を食べて爆睡!

お相撲さんみたいな事をしてしまった。
稽古してからご飯食べて昼寝ってヤツ。

太るとわかっていても、食後に襲ってくる睡魔には勝てないのでした。ぐがー。



03/19/2020 木曜日
お昼、接骨院。
夜、バレエレッスン。

パンデミック、オーバーシュート、クラスター、ロックダウンと、まるでSF小説かパニック映画の中にいるみたいです。

これは小説でも映画でもない現実なのに。

やはりどこか現実じゃないような変な感じです。

箱ティッシュやトイレットペーパー、マスクは買えませんが。
だからといって焦ったり怒ったりするのは馬鹿らしいノで傍観中。

03/18/2020 水曜日
先週、バレエスタジオが新型コロナウイルスでお休みになり。
今週から無事再開。

今夜は先週の振り替えレッスンに行きました。

中学生メインのクラスに大人が3,4人混ざっています。

・・・・・気が遠くなるホド、注意をされまくった。
きっと子供も(このおばちゃんはモコちゃんって言うヒトなんだ)と覚えられたに違いないよ・・・・。

(おばちゃんは、キミらと違って体力がないから心臓バクバク・血圧上昇中さ)

チビ達が難なくやっている動きで、私は汗だく!

(先生〜〜中高年が混ざっているんですからー走るとか跳ねるとか勘弁してくださ〜〜い)ゼエゼエ。

・・・・・ハッ!
太ったからか?これしきの運動で倒れそうになっているのは?
おまけに運動不足で身体がなまっているせいもあるかも。

昨日は脳みそが死んで、今夜は身体が死にました。

帰宅して脹ら脛に冷却シートを貼りまくりました。

03/17/2020 火曜日
小学校で図書館司書さんをしているYちゃんが。
小5の三国志大好きっ子坊やと話がしたいらしく、「モコちゃん!私に三国志を教えて〜〜〜!」。

非常に悩ましい事になっております。

三国志は好きだが、人に教えるとなると・・・・一体何年かかるのだろう・・・・・。

漫画・横山「三国志」を読むのよッ!それが一番早いし、わかりやすいわよッ!人名辞典を入れて61巻あるけど。

「読んでる時間がないから、ササッと教えて〜〜〜」

「魏・呉・蜀ってゆう国があってだな・・・その頃日本は魏志倭人伝に出てくる卑弥呼の時代で・・・・ぎゃーどこから語ればいいのかわからん!やはり黄巾の乱から始めないと流れがつかめないかもしれない・・・・」

死んだ。

Yちゃんには「勉強しておくから今度ね。少し時間をちょうだい」と答えましたが、少しの時間で説明をするためには、どんだけ勉強すればいいのだらう。

三国志の復習始めました。
三国になるまでの説明をどうしたものやら・・・劉備玄徳、お前があっちに行ったりこっちに来たりしやがるから面倒くせえんだよッ!

03/16/2020 月曜日
・・・・・太りました・・・。いやぁぁぁ〜〜〜〜!!!!

私は太ると掃除を始めます。
減量開始の儀式です。

月曜夜10時25分はEテレ。「100分de名著」を見ています。

先月はヴァーツラフ・ハヴェルの「力なき者たちの力」でした。
むちゃくちゃ刺激されました。

そして今月はアーサー・C・クラークですよ!

なんか飛び過ぎじゃね?と、思いますが現代史的には合っているような気もしないではない。むにゃむにゃ。

解説が小説家の瀬名秀明さん。(「パラサイト・イヴ」のヒト)
私的には「瀬名さんって、なんていい人なんだぁ〜〜」と、クラークより気になりましたよ。

今回の名著はクラークの4冊。
「太陽系最後の日」「幼年期の終わり」「都市と星」「楽園の泉」です。

このセレクション、「2001年」を外しているところが素晴らしいです!

「2001年宇宙の旅」は「2010年宇宙の旅」が続き「2061年宇宙の旅」がさらに続き、「3001年終局の旅」で幕を閉じます。

私は2010年までしか付き合えませんでした。お腹いっぱいです。

2週目の今夜は「幼年期の終わり」。

底本に使ったのは、池田真紀子さん訳の光文社古典新訳文庫でした。素晴らしい!

普通は福島正実さん訳の早川書房版を選びますし、そちらのほうが有名です。

東京創元社版で読んでいる人もいるかもしれません。
訳者と出版社の違いを気にする人はいないかもしれませんが、大きく違うんですよう〜。

私は早川書房版の後、光文社古典新訳文庫を読んで感動しました。ちなみに光文社古典新訳文庫は、これから古い名作を読んでみたいと思っている方にお勧めします。

読みやすくてわかりやすいです。

瀬名秀明さんのSFだけでない小説愛を感じました。

どーしたら、もっとSFを読んでもらえるのだろう?と考えておられますし、ゴリゴリのSFファンのいやらしい選民意識のコトも話しておられました。

反省。だってオタクなんだもの。それが楽しいんだものッ!。

(と、言っても熱くSFを語り合う仲間はいないんだケドさ)

03/15/2020 日曜日
16日再開予定だった区立体育館が今月末まで休館になってしまった・・・・・。マジで運動不足〜〜〜。

映画三昧も飽きてきました。

映画は、見ていればいいだけの「受け身」だからね。
感想とか、考えさせられるコトがあればいいんだけど、娯楽作品ばかり見てると、馬鹿になっていく〜〜〜〜。

ああ、楽しかった!面白かった!ばかりだと、どんどん駄目になっていきます。
時間の無駄遣いをしたような、むなしい気持ちになっていく・・・・。

最近ぶったまげたコト。
映画館の映画予告。

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

この映像、ところどころちょびっと流されるコトはありましたが、まさかドキュメンタリー映画として放出されるとは夢にも思いませんでした。

(この映画を見に行く)と、思っているジジ・ババは案外多いかもしれません。

私は微妙です。非常に複雑な気持ちになっています。なんでなんだろう???

03/14/2020 土曜日
北欧サスペンス「ダークネス:ソウズ・フー・キル」の4話一挙放送。
2019年・デンマーク

いつの間にか北欧サスペンスが好物です。

俳優が美しくなくて、普通のくたびれたおっちゃん・おばちゃんが主役だったりするのに興味を引かれて見始めたんですが。

やはり、時代と共に、(あ、ちょい美人を使うようになった)と、変な意味でがっかりしています。が、お話は面白いです。

全8話で終わるコトが多い「北欧サスペンス」。
4話あたりで犯人がわかるように作られていますが、犯人がわかってからが面白い!ひぃ〜〜コレ、来週に引っ張るのか〜。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -