△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


11/20/2017 月曜日
寒い・・・・・。

夜、すーさんと体育館。
こんなに寒いのに「体育館に行きます!」と行く気がみなぎっているすーさんに驚く私。

今年の2月から、すーさんと体育館に行くようになったのですが。
その頃のすーさんなら「今日は寒いからやめときます。風邪、ひきたくないので」とかなんとか言っちゃうコだったハズなのに・・・・。

そして私が「てめぇ〜寒いぐらいでサボってんじゃねーよ!軟弱モノ!」とか怒ったりしてるオバサンでした。

最近は、私のほうがすーさんに引っ張り上げてもらっている感が・・・。(老いては子に従えってか?)

月曜日プログラムは。

7時15分・ヨガ
8時25分・バレトン
9時35分・体幹トレーニング

で、私は3コマ目の体幹トレーニングに出たいと思う野望はあるのですが・・・・・。

2コマ目のバレトンで全ての体力を使い果たしてしまうので、3コマ目に到達できません!

毎回、体トレの先生に「すいません、このクラスに出たいのに・・・前のクラスで体力を使い果たされちゃうんですよう〜」とつぶやくので。

体トレ先生、「今日は私もこのクラスを受けてみます!」とバレトンに参加してました。(勉強熱心な良き講師)

で、バレトンが終わり、魂が抜けている私とすーさんを見て。

「わかりました!これじゃ無理かも」。

「ああ〜先生〜出たいんですよ〜先生のクラスも〜〜でもスタミナがぁ〜〜〜」と叫ぶ私。

そして、足を知るすーさんが冷静に「2コマ出ればじゅうぶんですよ」。

確かに!

めきめきと筋力アップしているすーさんに諭されるのでした。

11/19/2017 日曜日
夕方、漫画家はまのらま先生と電話でおしゃべり。

同業者とのおしゃべりは、いろんなコトを気づかせてくれます。
忘れたり、薄くなっていく「漫画への想い」を思い出させ、熱くしてくれます。

らまちゃん、漫画愛が熱い男!

お互い50代で、古き良き紙世代なもんで・・・・。

漫画と言えば、漫画誌を基準に考えがちなんですが。

もう「紙」じゃないカラ!
印刷技術で言うならば、アタシは活版印刷ですよ。
銅版ですよ。ヒエログリフのロゼッタ石ですよ。ぐらい過去。

PCやスマホのおかげで、現代ッコ達のクリエイターへの道はお手軽になったと思います。
漫画家になるハードルは確実に下がりました。

21世紀を生きる若者達は20世紀少年達とは違う価値観・哲学を持つのでしょう。

アタシの時代とは全く違う感覚を持っているのでしょう。

が、しかし所詮人間。

デジタル文化の中ですら結局は「人間関係」に悩むでしょう。

使う道具が変わっても、人間は変わらないからね。
道具が変われば、人間も変わるとはアタシは思わないよ!
美的センスや言語は変化していこうとも、結局は人間社会。

ピラミッドの中にある、石に彫られた職人のボヤキ。「最近の若い奴は・・・」

紀元前から変わってねーーーー!笑える。


11/18/2017 土曜日
小雨。降ったり止んだり。

録画しておいた映画「MILES AHEAD マイルス・ディヴィス空白の5年間」を見ました。

ドキュメンタリー風なのかと思ってたら、ガッツリ映画でした。
監督・主演がドン・チードル。マイルスに良く似てると思いました(と、言えるホド知らないのぢゃが)。

マイルスを追っかけまわすローリングストーン誌の記者役がユアン・マクレガー。

世界的大ヒットを飛ばしたミュージシャンや俳優や小説家ってその後が大変です。

時間は過ぎて過去になるのに、ファンは過去のヒット作品しか買わない。マイルスのファンだという麻薬の売人お坊ちゃま君に「お前が持ってる俺のアルバムは全部、昔のヤツじゃねーか。最近のヤツはどーした?」「あっ・・・そ・・それは・・・で・・でもやっぱり、あなたの曲は昔のほうが良いし・・・・・」。

売れるって、そぉ〜ゆうコト。
売れたって、そぉ〜ゆうコト。

輝かしい過去の栄光を乗り越える映画でした。
エンディングがかっちょいい!人生は続くのよ、ええ、死ぬまでは。


11/17/2017 金曜日
お昼、バレエレッスン(お休みした振り替え)。

ぐったり、ふらふら。

ああ・・・今日も立てなかったよ。トウシューズ。
こんなんで発表会に出るのか?アタシ・・・・・とほほほ〜。

眠いのを我慢して接骨院。
首が硬くなりすぎて、腕までカチカチでした。
腕の付け根を押されて悲鳴を上げました。きょえ〜〜〜。ひぃぃぃ〜〜〜〜。

帰宅して洗濯。部屋干し。(明日は雨らしい)

この1年、3日とあけずにイジイジと家計簿を付けていますが。

あたくしにとって家計簿とは諸悪の根源!
何コレ。なんでこんなに日々、いろんなコトを我慢してんの?
あたし、家計を預かってるワケじゃなにのに。
働けよ!あたし。

11/16/2017 木曜日
お昼、みほちんと国立西洋美術館。

「北斎とジャポニスム展」

上野駅の美術館チケットセンターがどえらいコトになっていましたー。
人・人・人の大行列!
この列に並んでいる人のお目当ては「運慶展」と「こわい絵展」の人々です。

うわーーー。駅のチケットセンターで、この有様じゃ・・・・トーハクとモリビはどーなってるコトやら・・・・。

で、「北斎・・」はサクッと入れました。

西洋で起こったジャポニスムブームがこれほどだったとは!
日本人として驚きを新たにしましたよ。

西洋絵画とは、宗教画か肖像画がほとんどで、風景画やら静物画を描くようになったのは、つい最近。

人物から風景、動植物、森羅万象を描いた北斎に西洋が驚愕したさまが、この展覧会でよくわかりました。

日本人なら流れているのよ、漫画の血。

コレ、ホントか?ホントに北斎の影響を受けているのか?と、疑問に思う展示もありましたが・・・・それでも、よくもまぁ、集めて来たもんだ。金と時間がかかっただろうな、と、思わずにはいられない豪華絢爛な展覧会です。

運慶を見るよか、よほど価値があると思うんだケド。(失礼)
「こわい絵展」なんか中野京子の本を読んでりゃそれで済む気がするんだケド。(まぁ、ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」だけは生で見たいが)

4時半まで美術館。

その後、二人で池袋に行って、パルコの英国ロックグッズ展。
みほちんはQUEENのスマホケースを買ってたワ!
お茶を飲みながらインスタントラーメン話。(なんじゃそりゃ)

みほちんは帰路に。
私はバレエレッスンに行きました。へろへろ〜〜。


11/15/2017 水曜日
接骨院の不思議。
保険の仕組みなのか?「上半身か下半身」のどちらかを選ばなくてはならないのですが。

時々、私は「左半身でお願いします」と、言ってしまいます。先生も笑いながら施術してくれます。

だって、首・肩・腕・膝、見事に左側が痛い日があるんだもの。

首をほぐすと手首の痛みがラクになるぅ〜。
左半身だけを施術してもらうと、右半身が欲求不満。

あちこち痛いケド、夜、ひとり体育館。(すーさんを誘ったが、水曜日はちょっと・・・・と断られてしまった)

今夜は運動をさぼりたかったんですが、「腹の上のポニョ」とか「腰の下のポニョ」とか「脇の下のポニョ」をつまんで・・・・・。

たくさんいる、このポニョ達をこれ以上大きくするワケにはいかない。

「ポニョ、ポニョ、ポニョ、脂肪の子〜〜」と変な替え歌を歌いながら体育館に行きました。

常連さんに「どーしたの?その頭〜〜」。
「シラガがイヤ過ぎてブリーチかましました。自分でやったらマダラ模様になっちゃった」。

ダンス系の運動は良いです。
踊りのステップを覚えるのに必死になるので、気が紛れます。

些末なコトを考える余裕がなくなるし。
痛みも忘れていられます。

50代、60代で体育館に来ている連中は、皆さん「痛いトコだらけ仲間」。股関節や膝が壊れている人が多い。

合い言葉は「痛いからと言って、動かないと動けなくなっちゃうからサ〜」。

ズバリ、廃用性萎縮との闘いですな。サルコペニア、筋肉量の低下。・・・・・・・そしてポニョ。

11/14/2017 火曜日
私は気持ちが下がると髪の毛の色を変えるクセがあります。

経済的余裕があれば美容院に行きます。
今は貧乏なので自分でやってます。

で、髪の毛までもが体調のように中途半端!

もう、何もかもがイヤーーーー!
こんな中途半端なしらが頭、死ぬほどイヤーーー!

で、ブリーチ剤をブチかましたら。

・・・・・・・山姥から奪衣婆になってしまいました・・・・・・。

奪衣婆。三途の川にいて、亡者の衣服を剥ぎ取るバアさんです。

ババアの方向に進化させてどーする!?アタシ!!!

今の自分の顔と相談して、脱色しろ!ってーの。

鏡を見ると心の闇(病み)をこじらせそうになるので、見たくないのですが・・・・・目玉炎症を手帖につけねばならないので、鏡を見ます。

ぎゃー!

目玉炎症どころか、私が炎上!そんな感じの今日この頃。

11/13/2017 月曜日
風邪を吹き飛ばすべく、掃除・洗濯・買い物に行きました。

白髪(しらが)ボーボー山姥おばさんな自分に嫌気がさして、メガメガブリーチ(脱色剤)も買っちゃった。

手首、痛いし。
風邪ですが。

心が負けなきゃ勝ちなんじゃないかと・・・・自分を鼓舞。

先週、バレエの発表会の練習が始まったんですが、あたふたしただけの自分に猛省!
体調を理由に逃げてても始まらん。自分からぶつかっていかねば、成長も上達もないので、映像を見てお勉強。

ドン・キホーテ2幕(?)
サンチョ・パンサとキトリの引っ張りっこシーンの後、村娘全員で踊りながら幕に入る。

テキストになる踊りは、私が初めて発表会に参加した時のDVD。ひょえ〜〜〜!(8年前、2009年5月でした)

で、改めて見なおしたら。

がるが踊りの天才だと判明しました!

岡田がる先生、ワシと一緒に発表会の舞台に出ているんです。
生まれて初めてのバレエ。
生まれて初めての発表会。

舞台監督の前での全体リハーサルのとき、がるの衣装のムシ(ホック部分)がちぎれて、衣装が脱げたんですが。

がる、最後まで平然と踊りきりました!

舞台関係者、拍手喝采「あの子は誰?すごい女優だね(舞台監督の言葉)」でしたよ。

がる本人はエンタメ、ミュージカルをこよなく愛する人ですが。
ミュージカルを愛するコトと、本人が舞台に立つコトは全く別次元。

DVDを見ると。
がるは顔の付け方、腕の上げかた、全てがパーフェクトな踊りでした。
しかも、気持ちも入ってる!ダンサー魂がある踊り。

それに比べて私は、キョロキョロ、キョトキョト。
ああ〜〜人の踊りを見て踊ってんじゃ〜〜ん!振付を覚えてないじゃ〜〜ん!ひとり間違ってんじゃ〜〜ん。

その映像を何度見ても、がるだけに目が行く。
自分も出てるのに、気がつけばがるの踊りを見てしまう。

ダンサー・がるに今頃驚愕した私でした。

あの時、がるは相当な覚悟を持って発表会に出演したに違いない。それに比べて私は、なんという甘さ、ぬるさ!それが踊りに出ちゃってます。

いかん、がるばっかり見ちゃって、自分が踊るパ(ステップ)の舞踏符がとれない。



11/12/2017 日曜日
西田屋さんは仕事。

私は中途半端な風邪にイラついています。
(一体なんなのよ〜〜〜)
ダウンしそうでしない。元気じゃないケド寝込むホドでもない、白黒つかないビミョウな体調。

鼻水が出まくり、喉は痛い。
しかし、薬が効いている間は症状が治まる。

世間の会社員なら、この程度の風邪なら普段通りに会社に行くレベル。

家の中にいると、どんどん世間が遠くなって、ちょっと体調を崩した程度で不安になって大騒ぎしてしまう。

自分中心、自分基準になってしまう。

行動を控えて外からの刺激を遮断すると、楽しい刺激も入らなくなる!

結果として嫌なコトが心の中に充満する。

風邪でもへいちゃら!外に出よう。外を見よう。外を考えよう。

環境や状況に左右されないブレない自分を作りたい。
旺盛なバイタリティーとエネルギーが欲しい〜〜〜〜〜!


11/11/2017 土曜日
昼過ぎ2時。
「いたばし農業まつり」。赤塚小学校・赤塚体育館。

去年、初めて見て驚いたので今年も見に行きました。

下赤塚という場所は、我が家からは微妙な距離です。
車で行きました。

この祭り、ケッコーな人出で賑わってます。
無料で野菜が配られたり、お安い値段で買えたり、畑からネギ、大根、にんじんを引っこ抜くイベントがあったりします。

各町内から阿波踊りチーム、よさこいチームが練り歩き、神社ごとの神輿も出ます。

赤塚小学校校庭で、「舟渡ラーメン」を食べて、阿波踊りを少し見て、体育館に飾ってある農作物を見ました。

賞を貰った大根とかキャベツが展示されているのですが。

終了時間が近いせいなのか?
自分が貰えない飾ってある野菜を見ても無駄だからなのか?

お客さん、いません。

会議用机の上に置かれた野菜達がシュールでした。

4時半、帰宅。
私は風邪薬で眠くなり、寝てしまいました。

その間に西田屋さんは、先週、中野で食べ損なった「ゆで羊」作りにチャレンジ。

目が覚めると、家中が「羊臭く」なっていました。

茹でられた羊は2キロ。我が家の羊祭りが始まります。

塩ゆでされたシンプルな羊肉、美味いよ!

(・・・・・・日本人の食卓とは思えない生活です)

11/10/2017 金曜日
風邪引いてますが、池袋パルコ。

英国ロックグッズ展。

品揃え良いですぞー。ロックTシャツが好きな人にお薦め−。
とはいえ、女だとサイズがないケドな。

キング・クリムゾンとピンクフロイドのTシャツで凄く良いデザインのTシャツがありましたが。ほとんどLサイズ。Mサイズもアメリカサイズでデカイ!

世のプログレファンは「デブ確定」というコトなのだろうか?

「英国ロック」なのに、デヴィッド・ボウイ以外、グラム系全滅でし
た。Tレックスやモット・ザ・フープル、ロキシー・ミュージックはナシ!

「英国ロック」なのに、ワンダイレクション、ガガ様、キッス、マイケル・ジャクソン、AC/DC・・・・たくさんありました。

見るだけでも楽しいよ〜〜。

夕方、映画「ブレード・ランナー2049」。

お客さん、15人ぐらい。
たぶん、ブレード・ランナー好きしかついてこられない。
淡々として地味です。熱いブレード・ランナーファンのためにネタバレになるので何も言いませんが、面白いです。

11/09/2017 木曜日
午前中・整形外科。子供みたいに若い先生。男子高校生みたい。
一番酷い痛みが消えてからの受診。
モーラステープ(ケトプロフェンテープ)を山ほど出されて、「炎症が起こってたらとにかく冷やしてねー」で、以上、終わり。

・・・・・・・・・。

眼科もそうだけど、(キッチリ壊れたら「手術」するけど、それまでは対処しててねー)的な対応に腹が立ちます。

「壊れ待ち」かい!
中高年になると、(まぁ、年だからね〜痛いトコ出て来るよね〜自分でうまいコト対処してね〜)な医師の対応が増えてくるような気がします。

思いっきり鼻声。風邪。

今日のバレエは休むワケにいきません。(今日から発表会のリハが始まるから)

マスクしてお稽古。

レッスン後、汗をかいて気分・体調スッキリ!

(おおー風邪が抜けたー)と思ったのですが・・・・電車の中で発熱。ゾワゾワゾワ・ゲゾゲゾゲゾ。キーン・キンキン。

うおー頭が割れるー(頭痛)。

鳥肌を立てまくって帰宅。



11/08/2017 水曜日
朝8時半。都立病院の採血ルーム。

・・・・・やられた・・・今年2度目の採血打撲。

針を刺してから血管を探しやがった〜〜しかも、ぐりぐりと。
で、細い血管を探り当てたんですが。

血液がチョロチョロ・・・・・・。

この遅さで、3本採ったら死ぬ〜〜と思っていたら。

マジで痺れた痛みが起きたので。「あのう〜どんどん痛いです」と言いました。

気さくなおじさんなんですケドね。相手が気さくでも私は痛いんだよ!

右腕でやり直し。

私のバセドウ病は落ち着いているようで、明日から減薬します。
1日おきに飲む。忘れないように手帖に○×記入しなくっちゃ。

夕方、接骨院。
風邪でダウン、ぐったりんこ。

11/07/2017 火曜日
みほちんと城北公園散歩。

私が行っている区立体育館は、この公園内にあります。
(地図上では、公園の外なのかもしれない)

東京都の公園で、デカイです。練馬区と板橋区にまたがっています。

夕方、隣の駅周辺の百均めぐり。(何、やっとんのじゃワシら)

品川区民のみほちん、何故、板橋区の百均で編み棒を買うのか?近くの百均には、お望みの号数の編み棒がないらしい。
「8号〜プラじゃないヤツ〜〜」とつぶやいてました。

編み物といえば。
独身西田屋さんがとんでもねぇセーターを着てきたコトがありまして。
「何!このセーター手編みじゃん!むちゃくちゃ手が込んでるじゃん!」と叫ぶ私。

「母が作りました」。

「ひぃ〜〜〜アンタのおかあさんは、こんなスゲェ、セーターを編む人なの〜〜〜〜〜」。

なんちゅうか衝撃でした。

そのセーターは見る人が見れば驚愕的技巧を凝らしたセーターで。

そのセーターを着てたら見知らぬ女性から「そのセーター、手編みですよねッ!」と、声をかけられたコトもあるそうです。(編み物をやる人ならガン見するわよ〜)

数年後、そんなママリンの次男嫁として存在する私。

それはさておき、手芸ですが。
百均、百円ショップのおかげで、手芸のハードルが低くなったと思います。

今、気になるグッズ。

やたらとデカイ、リリアン編み機みたいなヤツ!

私もみほちんも、そのブツを見かけたコトがあって、今日、探してみたんですが・・・・・見つからなかった。(人気があるのだろうか?)

組紐ゲージなんてものもあるんだね・・・・・組紐作って、どーすりゃいいのか?利用に困る。だが、やってみたい気もする。

2人できゃいきゃいと散歩した1日でした。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -